コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北谷[町] ちゃたん

百科事典マイペディアの解説

北谷[町]【ちゃたん】

沖縄県,沖縄島中西部にある中頭(なかがみ)郡の町。沖縄市の西隣,東シナ海に臨む。沖縄戦での米軍上陸地で,戦後は軍用地となり,北方の嘉手納(かでな)町との間に嘉手納飛行場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃたん【北谷[町]】

沖縄県沖縄島(本島)中部にある中頭(なかがみ)郡の町。1980年町制。人口2万3737(1995)。町の東半部は丘陵地,西半部は平たんな低地で,西に東シナ海をのぞみ,北東部は沖縄市に,南部は宜野湾(ぎのわん)市に接する。第2次世界大戦前は沖縄有数の稲作地域であった。第2次大戦時,アメリカ軍は本町の海岸から読谷村にかけての海岸から上陸した。現在,町域の60%近くをアメリカ軍基地に占められ,かつての水田地帯には兵舎,軍病院などが建っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北谷[町]の関連キーワード沖縄県

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北谷[町]の関連情報