コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北野祭 キタノマツリ

3件 の用語解説(北野祭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きたの‐まつり【北野祭】

8月4日(もと5日)に行われる京都北野天満宮の祭礼。 秋》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北野祭
きたのまつり

京都市上京(かみぎょう)区に鎮座する北野天満宮(てんまんぐう)の祭り。祭神菅原道真(すがわらのみちざね)の霊を鎮める御霊会(ごりょうえ)として始まったという。例祭は8月4日。現在の瑞饋祭(ずいきまつり)(10月1日~5日)は、ずいきで屋根を葺(ふ)いた神輿(みこし)が町内を巡幸する京の秋祭の最初を飾る行事で、かつての北野祭の伝統を受け継ぐという。ほかに北野天満宮には、祭神にちなんだ筆始祭(ふではじめさい)(1月2日)や神前に梅花を供える梅花祭(ばいかさい)(2月25日)、硯筥(すずりばこ)・水差しなどを供える御手洗祭(みたらしさい)(7月7日)などがある。[伊藤幹治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北野祭の関連情報