北野祭(読み)キタノマツリ

大辞林 第三版の解説

きたのまつり【北野祭】

八月四日に行う北野天満宮の祭礼。天神祭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北野祭
きたのまつり

京都市上京(かみぎょう)区に鎮座する北野天満宮(てんまんぐう)の祭り。祭神菅原道真(すがわらのみちざね)の霊を鎮める御霊会(ごりょうえ)として始まったという。例祭は8月4日。現在の瑞饋祭(ずいきまつり)(10月1日~5日)は、ずいきで屋根を葺(ふ)いた神輿(みこし)が町内を巡幸する京の秋祭の最初を飾る行事で、かつての北野祭の伝統を受け継ぐという。ほかに北野天満宮には、祭神にちなんだ筆始祭(ふではじめさい)(1月2日)や神前に梅花を供える梅花祭(ばいかさい)(2月25日)、硯筥(すずりばこ)・水差しなどを供える御手洗祭(みたらしさい)(7月7日)などがある。[伊藤幹治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きたの‐まつり【北野祭】

〘名〙 八月四日(古くは五日)に行なう京都の北野神社の祭礼。当日は、神輿(みこし)の渡御があり、儀式が盛大に行なわれる。昔から官幣、東遊(あずまあそび)、走馬などの奉納がある。北野の御霊会。《季・秋》
※中右記‐天永二年(1111)八月五日「今日北野祭」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android