医原病(読み)いげんびょう(英語表記)iatrogenic disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

医原病
いげんびょう
iatrogenic disease

医原性疾患ともいう。この概念を最初に医学に導入した A.ハースト (1922) は,医師の検査,態度,説明などに起因する,患者自己暗示によって起った病気と定義している。しかし現代では,こうした医原性神経症にとどまらず,患者に施した医療が不適当であったり,薬剤などの副作用のために起る疾患も含めて考えられている。抗生物質の長期にわたる大量投与よって引起された菌交代現象はその代表的なもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

医原病【いげんびょう】

医師の不用意な言動のために起こる心理的な異常を原義とするが,現在は広く投薬,注射,手術過失などの医療行為が原因となって発生する病気や障害をさす。たとえば,治療薬の使用が不当なため,本来は避けうる副作用が出ることや,妊婦のX線撮影で奇形を発生すること,抗生物質の大量,長期投与による菌交代現象なども,医原病と考えられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いげんびょう【医原病 iatrogenic disorders】

本来,医師の言動に対する患者の心理的反応(誤解,自己暗示など)によって起こる疾患をさすが,現在は,広く医療行為が原因となって不可抗力的に発生する傷病のすべてを包括する言葉として使われる。 医療の組織化が進行しつつある今日,医師・患者間の心理的な関係(相互作用)はますます複雑で微妙なものとなってきた。自覚症状のある人々(患者)は心身の異常を心配し,ときには恐怖感にかられて医師に近づくことが普通である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いげんびょう【医原病】

医師による投薬・手術などの医療行為が原因となって起こる病気。医原性疾患。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いげん‐びょう ‥ビャウ【医原病】

〘名〙 自然発生的な病気に対して、医師の過剰治療、医療過誤、または、治療の合併症として生ずる病気。キノフォルム剤の過剰投与によるスモン病、薬の中毒によって起こる肝障害など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android