コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十二音音楽 ジュウニオンオンガク

5件 の用語解説(十二音音楽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅうにおん‐おんがく〔ジフニオン‐〕【十二音音楽】

無調音楽を理論的に徹底化し、1オクターブの中にある12の音に平等の価値を与えるように組織的に作られた音楽。20世紀初頭に、シェーンベルクとその弟子によって確立された。ドデカフォニー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

十二音音楽【じゅうにおんおんがく】

ドデカフォニーDodekaphonie(ドイツ語)の訳語。1オクターブ内のすべての音,つまり12の音を同等に扱い,これを並べた音列(セリー)を基本として作曲された音楽。
→関連項目オーリッククルシェネクケージサッリネンストラビンスキー対位法ダラピッコラトムソンヒナステラ表現主義別宮貞雄ペルトヘンツェ松平頼則マルタン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうにおんおんがく【十二音音楽 Dodekaphonie[ドイツ]】

十二音技法による音楽。ドデカフォニーともいう。音階中の諸音を,主音や主和音の支配の下にまとまりを形づくるものと考える従来の調性による音楽に対して,十二音技法は新しい音楽表現の追求から,平均律の12種の音を均等に用いた作法。十二音技法にはハウアーJoseph Matthias Hauer(1883‐1959)とシェーンベルクの方法があるが,今日通常はシェーンベルクのものを指す。ハウアーは《音楽的なるものの本質についてVon Wesen des Musikalischen》(1920)によって,シェーンベルクより早くこの技法を提唱したが,広まることなく終わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅうにおんおんがく【十二音音楽】

〘音〙 一二音技法による音楽。一二音音階の全一二音を重複せずに一つの音列(セリー)を設定し、これに基づいて楽曲を構成していくシェーンベルクの方法が代表的。伝統的な調性を否定しようとしたもので、1920年代に確立、その後さまざまに応用されて、二〇世紀中葉における最も重要な作曲法の一つとなった。ドデカフォニー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十二音音楽
じゅうにおんおんがく
Dodekaphonie, Zwlftonmusikドイツ語
dodecaphony, twelvetone music英語

平均律音階中の12音を同等に扱うことによって、調性音楽にみられた主音を中心とするヒエラルキーを崩壊させた音楽。ドデカフォニー。ヨゼフ・マティアス・ハウアーとシェーンベルクが1920年代前半に創始したが、年代記的にはやや後発のシェーンベルクの流れがその後の音楽を決定づけた。その作曲技法を十二音技法という。シェーンベルクは1923年の『五つのピアノ曲』(作品23)、『セレナード』(作品24)でこの技法を初めて試み、翌年の『ピアノ組曲』(作品25)でさらに展開した。
 十二音技法とは、具体的にいうと、まず12の半音が一度ずつ現れる一つの「音列」(これを原形とよぶ)をつくり、その逆行形(原形を後ろからたどる)、反行形(音程の上下を反対にする)、反行逆行形(二つの組合せ)の四つの形をつくる。そして開始音を12のそれぞれの音に移した移置形との組合せで、結局48の音列をつくりだし、これらのうちいくつかの音列を用いて音楽を構成する方法である。したがって、十二音音楽はその音列の対位法的な絡み合いの音楽といえる。
 シェーンベルクの弟子のウェーベルンは、音列の分割や音程の決定をさらに理論化し、第二次世界大戦後のミュージック・セリエルの基礎をつくった。またシェーンベルクの死後、ストラビンスキーは『七重奏曲』(1952~53)以降、十二音技法を採用した。またクルシェネクとダッラピッコラは戦前から十二音音楽を創作していたが、ハウアー同様ほとんど影響を残さなかった。[細川周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の十二音音楽の言及

【オペラ】より

…しかし,《ばらの騎士》では,上記の作品に見られる表現主義的傾向に再び手綱が締められ,優美な感覚的洗練と擬古的な傾向が現れてくる。 これを境として迎える二つの大戦間の時期は,ジャズの語法の導入(ストラビンスキーの《兵士の物語》,クルシェネクの《ジョニーは演奏する》),原始主義(オルフの《カルミナ・ブラーナ》),民族主義(バルトークの《青ひげ公の城》),新古典主義(ストラビンスキーの《エディプス王》)など,当時の作曲界のさまざまな潮流を反映したオペラが作られる一方,調性と和声機能の否定を意識的に徹底させた十二音の技法(十二音音楽)によるオペラが台頭した時期である。この技法の開拓者であるシェーンベルク自身には《モーゼスとアーロン》があり,その弟子ベルクは名作《ウォツェック》を残した。…

【対位法】より

…しかし特にベートーベンの後期弦楽四重奏曲でみられるように,主要旋律やその断片が諸声部に分配されたり,副次声部も主要な主題や動機から導き出されるといった手法は対位法への新たな関心を物語るもので,ロマン派のR.シューマン,ブラームス,R.ワーグナーなどの作品でも,対位法はきわめて重要な役割を果たしている。特に20世紀の十二音音楽は,基本音列の反行,逆行,反行の逆行という対位法的手法を基礎とするものである。 なお,対位法の特殊な手法に〈転回対位法invertible counterpoint〉と呼ばれるものがある。…

【変奏曲】より

…なお19世紀に顕著になった技法に,単一の基本動機の音型を発展させながら大形式を形成していく発展変奏(シェーンベルクの用語)がある。20世紀ではレーガー,ヒンデミット,シェーンベルク,ウェーベルンをはじめ多数の変奏曲が書かれたが,とくに後の2人によって発展がみられた十二音技法(十二音音楽)においては,曲全体が基本音列の変形からなるという点で変奏技法が根本原理となった。【土田 英三郎】。…

※「十二音音楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

十二音音楽の関連キーワードシンフォニーハウアーヘンツェ十二音音階ドデカフォニーフォニームザ・シンフォニーホールシンフォニー・イン・Cスコッチ・シンフォニーミューザ川崎シンフォニーホール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone