十六社(読み)ジュウロクシャ

とっさの日本語便利帳の解説

十六社

平安時代、奉幣のために定められた神社。▽伊勢神宮、石清水八幡宮、賀茂神社、松尾神社、平野神社、稲荷神社、春日神社、大原野神社、大神(おおみわ)神社、石上(いそのかみ)神社、大和神社、広瀬神社、竜田神社、住吉神社、丹生神社、貴船神社

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうろくしゃ【十六社】

平安時代に奉幣のために定められた一六の神社。伊勢・石清水・賀茂・松尾・平野・稲荷・春日・大原野・大神おおみわ・石上いそのかみ・大和・広瀬・竜田・住吉・丹生・貴船の各神社。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十六社の関連情報