コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹生官省符神社 ニウカンショウブジンジャ

デジタル大辞泉の解説

にうかんしょうぶ‐じんじゃ〔にふクワンシヤウブ‐〕【丹生官省符神社】

和歌山県伊都郡九度山(くどやま)町にある神社。空海弘法大師)が慈尊院を開いたとき、参道の正面上壇に丹生高野明神社を創建。のち丹生七社大明神・丹生神社の社名を経て現名に改称。主祭神は丹生都比売大神(にうつひめのおおかみ)・高野御子大神(たかのみこのおおかみ)・天照大御神(あまてらすおおみかみ)とし、他に四神を祭る。平成16年(2004)「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

丹生官省符神社の関連キーワード和歌山県伊都郡九度山町紀伊山地

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android