コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千草街道 ちぐさかいどう

百科事典マイペディアの解説

千草街道【ちぐさかいどう】

近江国と伊勢国を結ぶ鈴鹿山脈越えの街道。千種とも記し,千草越などとも称する。近江八幡や八日市(ようかいち)方面から甲津畑(こうづはた)を経て,雨乞(あまごい)岳北山腹を登り,杉峠・水晶谷を経て御在所(ございしょ)山北方の根平(ねのひら)峠を越え伊勢に入る。以後朝明(あさけ)川沿いに東へ下り,千草を経て桑名・四日市方面に向かう。中世には北方の八風(はっぷう)街道と並んで近江商人が伊勢に出る重要な通商路であった。戦国期には近江の保内商人が街道通行の特権を握り,通行税を支払う一方,他の通行者からは役銭を徴収していた。1558年の史料に,保内商人が運搬の独占を主張したものとして苧麻・紙・木綿・陶磁器・油草・若布・海苔・鳥類・魚類などがあげられている。なお,1570年越前朝倉氏攻めに失敗した織田信長が,当街道を通り岐阜に退却する際,杉谷善住房に狙撃されたという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

千草街道の関連キーワード八風街道御在所山近江国

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android