コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八風街道 はっぷうかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八風街道
はっぷうかいどう

滋賀県中部と三重県北部を結ぶ街道。滋賀県東近江市から鈴鹿山脈の八風峠を越え三重県桑名市に通じる。中世には同じ鈴鹿山脈の杉峠から根の平峠に抜ける千種越とともに,京都から名古屋にいたる間道として近江商人伊勢通商などに利用されたが,近世にはしだいに衰えた。現在は国道 421号線となり,約 3km北の石榑 (いしくれ) を通る鈴鹿山脈の横断路となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

八風街道【はっぷうかいどう】

近江国と伊勢国を結ぶ鈴鹿山脈越えの街道で,八風越・田光(たびか)越・日光越ともよばれた。中山(なかせん)道の近江愛知川(えちがわ)宿から伊勢国境まで11里,国境から伊勢桑名まで7里余。
→関連項目千草街道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はっぷうかいどう【八風街道】

滋賀県(近江)と三重県北部(伊勢)を結ぶ鈴鹿山脈越えの街道。中世には南方の千草街道とともに,近江商人伊勢路へ出る重要な通商交通路であった。近江八幡や八日市方面から,御園(みその)・山上(やまがみ)を通って相谷(あいだに)の永源寺に至り,それから山道を政所・杜葉尾(ゆずりほう)と八風谷をたどって鈴鹿山脈の八風峠を越えれば朝明(あさけ)川沿いにすぐ伊勢平野に出る。蒲生郡八日市方面のいわゆる近江商人はここから桑名を経て美濃にまで商圏を広げ,紙,木わた,塩,ノリ,ワカメ,魚類,布など多種多様の商品を扱って,近江各地に売りさばき,定期的に京都にまで行商した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の八風街道の言及

【八日市[市]】より

…市域の大部分は蒲生野(がもうの)と呼ばれる台地に位置している。中心市街地の八日市は多賀大社に通じる御代参(ごだいさん)街道と鈴鹿山脈を越えて伊勢に通じる八風(はつぷう)街道が交差する交通の要衝で,明治以前は毎月2・8の日に市が開かれた。1920年ほぼ中央の沖野に飛行場が建設され,翌年第16師団航空第3大隊が配置されたため,45年までは軍事都市的な性格が濃厚であった。…

※「八風街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八風街道の関連キーワード保内商人山科言継中山道

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android