コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志津川 しづがわ

2件 の用語解説(志津川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志津川
しづがわ

宮城県北東部,南三陸町中・南部を占める旧町域。三陸海岸志津川湾に面する。 1895年町制。 2005年歌津町と合体して南三陸町となった。かつて藤原秀衡の子高衡の居城地。江戸時代には仙台藩の直轄地として番所が置かれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志津川
しづがわ

宮城県北東部、本吉(もとよし)郡にあった旧町名(志津川町(ちょう))。現在は南三陸(みなみさんりく)町の南部を占める地域。1895年(明治28)本吉村が町制施行して志津川町となり、1955年(昭和30)戸倉(とくら)、入谷(いりや)の2村と合併。2005年(平成17)同郡歌津(うたつ)町と合併して南三陸町となった。リアス式海岸の志津川湾に面し、JR気仙沼(けせんぬま)線、国道45号、398号が通じる。林業、酪農、水産養殖が盛んである。志津川湾内の椿(つばき)島のタブ、ハマベンケイソウなどの暖地性植物群落は、国指定天然記念物。海岸一帯は、荒砥(あらと)崎、神割(かみわり)崎などの景勝地があり、三陸復興国立公園(旧、南三陸金華山国定公園)に指定されている。1960年のチリ地震津波での被害を教訓に、沿岸には防潮堤が巡らされた。7月24、25日の荒島神社の神輿(しんよ)海上渡御も、チリ地震後に復活した神事である。[長谷川典夫]
『『志津川町誌』全5冊(1989~1991・志津川町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の志津川の言及

【志津川[町]】より

…人口1万4653(1995)。三陸海岸の南部,志津川湾に面し,北上高地から続く丘陵が海岸まで迫る。中心集落の志津川は,中世は葛西・千葉両氏が支配したが,近世には仙台藩の直轄地となり,東浜街道の宿駅が置かれ,生糸,海産物の取引でにぎわった。…

※「志津川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

志津川の関連キーワード宮城県本吉郡南三陸町入谷宮城県本吉郡南三陸町歌津宮城県本吉郡南三陸町歌津尾崎宮城県本吉郡南三陸町歌津小沼宮城県本吉郡南三陸町歌津馬場宮城県本吉郡南三陸町歌津港宮城県本吉郡南三陸町志津川宮城県本吉郡南三陸町平井田宮城県本吉郡南三陸町戸倉宮城県本吉郡

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

志津川の関連情報