コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南梅吉 みなみ うめきち

2件 の用語解説(南梅吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南梅吉 みなみ-うめきち

1877-1947 大正-昭和時代前期の部落解放運動家。
明治10年5月10日生まれ。青年団長,村議をつとめ,部落改善運動をすすめる。大正11年全国水平社の初代委員長となるが,13年警視庁スパイとの親交を理由に罷免された。反共主義をとなえ,昭和2年日本水平社を結成したがふるわなかった。昭和22年10月24日死去。71歳。滋賀県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南梅吉
みなみうめきち
(1877―1947)

大正・昭和期の社会運動家。明治10年5月10日、滋賀県の被差別部落に生まれ、京都府に住む。早くから部落改善運動に参加し、1922年(大正11)3月には全国水平社の初代中央執行委員長に就任したが、24年、警視庁のスパイとの交際を理由に罷免された。27年(昭和2)には共産主義の排撃を唱えて日本水平社を結成したが不振に終わり、昭和22年10月24日死去した。有馬頼寧(ありまよりやす)や渋沢栄一(えいいち)から経済的援助を受けていたといわれる。[藤野 豊]
『木村京太郎著『水平社運動の思い出 上』(1968・部落問題研究所)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の南梅吉の言及

【水平社】より

西光万吉(さいこうまんきち)の起草した宣言(水平社宣言)は,水平社運動が人間の尊厳,自由・平等の理念にもとづいて一切の差別とたたかい,部落出身者だけでなくすべての人間の解放をめざすことを明らかにした。創立大会では南梅吉が委員長に選ばれたが,25年の第4回大会後は松本治一郎が長くその地位にあった。全国水平社の初期の運動は,部落差別の原因が人々の因襲的な観念にあると考え,これを打破するため,差別言動をおこなった団体・個人を徹底的に糾弾する方針をとった。…

※「南梅吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南梅吉の関連キーワード青柳郁次郎井上範小野重行熊沢一衛古賀愛子笹尾正一島田俊雄島定治郎八並武治山本武蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone