コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全国水平社 ゼンコクスイヘイシャ

3件 の用語解説(全国水平社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぜんこくすいへい‐しゃ【全国水平社】

水平社の正称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぜんこくすいへいしゃ【全国水平社】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全国水平社
ぜんこくすいへいしゃ

いわゆる被差別部落の人々が差別と貧困からの解放を求めて結成した自主的大衆的な部落解放運動の全国的な団体。1918年(大正7)の米騒動を契機とするデモクラシー風潮の高まりと、労働者・農民などの社会運動の発展のなかで、部落の青年たちは従来の恩恵的な部落改善政策や欺瞞(ぎまん)的な同情融和運動に批判的となり、社会主義の影響も受けて、自らの努力、行動と大衆の団結の力をもって差別からの解放をかちとろうとした。22年3月3日、京都の岡崎公会堂に各地から約3000人が集まって全国水平社の創立大会を開き、綱領、宣言、決議を採択した。西光万吉(さいこうまんきち)の起草した宣言は、水平社運動が人間の尊厳、自由・平等の理念に基づいていっさいの差別・抑圧と闘い、部落出身者だけでなくすべての人間の解放を目ざすことを明らかにした。創立大会で南梅吉(うめきち)が中央執行委員長に選ばれたが、25年の第4回大会以後は松本治一郎(じいちろう)にかわった。
 全国水平社の初期の運動は、部落差別の原因が人々の因襲的な差別観念にあると考え、これを打破するため、差別した団体や個人に対する徹底的糾弾の方針をとった。この戦術は部落の人々を奮起させ、燎原(りょうげん)の火のように多くの府県の各地区に水平社が組織されていった。やがて運動の発展に伴い、部落差別は政治・経済・社会的関係に根ざすことが明らかにされ、軍隊や自治体内の差別を糾弾しつつ、労働者・農民の階級闘争と結合する方向に進んだ。そのため南梅吉らの右派は脱退して、1927年(昭和2)日本水平社を組織した。やがて31年左派から水平社解消論が唱えられたが、その意見はまもなく克服され、部落の人々の劣悪な生活の実態が差別の表れであり、人々の差別観念を生み出す原因であるとして、部落の生活問題を取り上げて闘う部落委員会活動の方針が採用され、身分闘争と階級闘争とを統一するようになった。この新方針は33年の高松地裁差別裁判糾弾闘争によって正しさが証明され、全国の部落の人々の60%を全国水平社の影響下に置くほどに組織が拡大し、運動も飛躍的な発展を遂げた。
 こうして全国水平社は激しい弾圧にも屈せず部落差別の根源である支配体制に迫り、軍国主義とファシズムに反対する運動を展開したが、1937年の日中戦争の勃発(ぼっぱつ)とともに後退を余儀なくされ、42年自然消滅の道を選ぶに至った。太平洋戦争後の46年(昭和21)全国水平社の伝統を受け継いで部落解放全国委員会が結成され、55年部落解放同盟と改称した。[川村善二郎]
『木村京太郎著『水平社運動の思い出』上下(1968、72・部落問題研究所) ▽馬原鉄男著『水平運動の歴史』(1972・部落問題研究所) ▽北原泰作著『賤民の後裔』(1974・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の全国水平社の言及

【水平社】より

…被差別部落の人々が,差別と貧困からの解放を求めて,1922年に結成した自主的・大衆的な部落解放運動の団体。正式には全国水平社という。1918年の米騒動には多くの部落の人々が参加していたが,その後のデモクラシーの風潮の高まりと,労働者,農民などの社会運動の発展のなかで,部落の青年たちは,従来の恩恵的な部落改善政策や欺瞞(ぎまん)的な同情融和運動に批判的となり,社会主義思想の影響も受けて,みずからの努力と大衆的な団結の力をもって差別からの解放を実現しようとした。…

【部落解放運動】より

…被差別部落(同和地区)およびその出身者に対する差別の撤廃(部落問題の解決)すなわち被差別部落の完全解放をめざす自主的・大衆的な社会運動。その本格的な展開は1922年(大正11)に全国水平社(水平社)が創立されてからであるが,それ以前にも部落差別の解消・撤廃を求める動きはあった。解放運動の歩みと密接な関係をもつ被差別部落の全体的な歴史については〈被差別部落〉の項目を参照されたい。…

※「全国水平社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

全国水平社の関連キーワード海底トンネルギヤ消石灰ハイドロフォイルおまけ苛性カリ苛性ソーダ水疱瘡電電公社グチ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

全国水平社の関連情報