コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南武線 なんぶせん

4件 の用語解説(南武線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南武線
なんぶせん

川崎 (神奈川県) -立川 (東京都) 間を結ぶ 35.5km,尻手-浜川崎間 4.1km,尻手-鶴見間 5.4kmの貨物線の3つに分れる鉄道。 JR東日本南部鉄道により 1927年から 30年にかけて開通され,当初は多摩川上流の石灰石と砂利を輸送していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

南武線【なんぶせん】

東海道本線川崎〜中央本線立川間ほか2支線(9.5km)のJR線。南武鉄道により1929年全通。1944年国有化。営業キロ45.0km。川崎市を縦貫する首都圏の通勤線で,貨物輸送にも使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なんぶせん【南武線】

東海道本線川崎駅を起点とし,中央本線立川駅に至る35.5km,および途中駅の尻手(しつて)から浜川崎駅に至る4.1kmのJR東日本の営業線。ほかに尻手~鶴見間5.4kmの支線があり,総営業キロは45.0km。多摩川の砂利を京浜工業地帯へ輸送することをおもな目的として南武鉄道会社が建設したもので,川崎~登戸間が1927年3月に開業,同年11月南多摩まで延長され,29年12月立川まで全通した。44年4月国が買収して南武線となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南武線
なんぶせん

東日本旅客鉄道の線路名称。川崎―府中本町(東京都)―立川(たちかわ)(東京都)間35.5キロメートル、尻手(しって)(神奈川県)―浜川崎(神奈川県)間4.1キロメートル、尻手―鶴見(神奈川県)間5.4キロメートルよりなる。川崎―立川間は複線、全線開業時より直流電化されている。1927~1930年(昭和2~5)南武鉄道によって川崎―立川間と尻手―浜川崎間を開業した。多摩川下流域と中流域に路線が走り、主として同じ資本系列の青梅(おうめ)電気鉄道や五日市(いつかいち)鉄道と結んで、多摩川上流域で採掘される石灰石と沿線の砂利輸送を目的としていた。第二次世界大戦中の1944年に国有化されて南武線となった。第二次世界大戦ごろより沿線の川崎市内に工場が進出し、また1960年代以降は住宅化が全線にわたって逐次進み、通勤鉄道の機能が強くなった。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南武線の関連キーワード飯田線山陰本線山陽本線総武本線中央本線東海道本線長崎本線御殿場線篠ノ井線身延線

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南武線の関連情報