コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南海泡沫事件 なんかいほうまつじけん South Sea Bubble

4件 の用語解説(南海泡沫事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南海泡沫事件
なんかいほうまつじけん
South Sea Bubble

1720年株価暴落を機にイギリスの経済界と政界に大混乱をもたらした事件。スペイン継承戦争中,国債を乱発した政府はその利子支払いに苦しみ,11年大蔵大臣の肝いりで南海会社が設立された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

南海泡沫事件【なんかいほうまつじけん】

18世紀初め英国で起きた投機にまつわる恐慌。1711年設立された南海会社は,1720年多額の国債と引換えにスペインアメリカとの貿易独占権を与えられたため株価が暴騰。
→関連項目ウォルポールバブル経済

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なんかいほうまつじけん【南海泡沫事件 South Sea Bubble】

1720年に起こった南海会社South Sea Companyの株価大暴落を契機とするイギリスの大恐慌。南海会社は1711年に,スペイン領中南米との奴隷その他の商品の取引を目的とし,またスペイン継承戦争でふくれ上がった国債の低利債への転換をも目的として設立された。同社がユトレヒト条約(1713)でスペイン領への奴隷の独占的供給権(アシエント)を獲得したために,膨大な利潤を予想する者が多くなり,さらに20年には東インド会社イングランド銀行を抑えて同社がほとんどすべての国債を引き受けることを議会が承認したため,その株価が急騰した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南海泡沫事件
なんかいほうまつじけん
South Sea Bubble

1720年にイギリスで起こった、南海会社の株価暴落による金融恐慌事件。南海会社は、1711年にスペイン領南アメリカおよび太平洋地域と貿易を行うことを目的として設立され、スペイン継承戦争(1701~14)終結後、新世界との貿易への期待感に加え、南海会社による国債全額引受けが公表されたため、空前の株式投機ブームがおこった。しかし、事業計画の内実が明らかとなるや数か月で株価が大暴落して南海会社株は泡沫となり、破産者が続出したうえ、南海会社投資に絡む汚職行為が露見して、政界のスキャンダルにまで発展した。南海泡沫事件の衝撃から、その後は特定の例外を除いて19世紀まで株式投資は法律で禁止された。[大久保桂子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の南海泡沫事件の言及

【株式会社】より

… 1718‐20年,パリもロンドンもアムステルダムも空前の株式ブームにわいた。このブームとその崩壊はともにパリから始まったが,フランスではジョン・ローのミシシッピ泡沫事件(1720),イギリスでは南海泡沫事件(1720)という二つのドラマティックな事件をひきおこした。ミシシッピ川流域との貿易を独占するジョン・ロー設立の特権的貿易会社の株がパリで投機の渦中にあったとき,イギリスでは中南米沿岸と西アフリカで貿易および開発の特権を与えられた南海会社(1711設立)の株が急上昇を続け,20年6月のピークには額面100ポンドの株が1050ポンドにも跳ね上がった。…

【恐慌】より

…たとえば,16世紀中ごろには王侯の財政不始末からアントワープとリヨンに有価証券取引所の崩壊現象が生じ,1637年にはオランダの諸都市にチューリップの球根の投機的取引の発展と崩壊からチューリップ恐慌が生じ,67年にはイギリス・オランダ戦争のあおりでロンドンにパニックが生じて銀行の取付けをみている。また,1720年にはフランスでロー・システムLaw’s Systemの崩壊,イギリスではサウス・シー・バブルスSouth Sea Bubbles事件(南海泡沫事件)とよばれる恐慌現象が生じたが,それらはともに国債軽減のために作られた独占的特許貿易会社の株式の投機的取引の発展と,イギリスではそれに伴う泡沫的株式会社(泡沫会社)の設立投機熱との崩壊によるものであった。さらに,アメリカ独立戦争やナポレオン戦争の開始,進行,終結などに関連して,イギリスその他に恐慌現象が生じている。…

※「南海泡沫事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南海泡沫事件の関連キーワード急難出来事シス-トランステストカタジェネシス石見屋嘉右衛門南海地震と日向灘の地震紀伊半島沖の地震south-sea myrtleSouth-Eastern Asia南海[会社]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone