コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南渓(1) なんけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南渓(1) なんけい

1790-1868 江戸時代後期の僧。
寛政2年生まれ。文政2年豊後(ぶんご)(大分県)の浄土真宗本願寺派満福寺の住職となる。神道(しんとう)家や儒者の排仏論に反論し,中井積善の「草茅(そうぼう)危言」に対しては「角毛偶語」をあらわした。嘉永(かえい)4年司教,安政3年勧学。慶応4年8月18日死去。79歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。法名は別に詢道。字(あざな)は伝灯。号は淮水,覚音坊,円成院。著作はほかに「杞憂小言」「邪正対論」など。
【格言など】破邪顕正(信念)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

南渓(1)の関連キーワード戊辰戦争ゲーテペブスナー(Nikolaus Bernhard Leon Pevsner)光の科学史ヨーゼフ二世上田秋成柄井川柳梅暮里谷峨ヨーゼフネーミア

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android