コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南渓(2) なんけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南渓(2) なんけい

1826-1880 江戸後期-明治時代の画僧。
文政9年生まれ。藍沢南城(あいざわ-なんじょう)の三余塾で儒学を,長谷川嵐渓(らんけい)に絵をまなぶ。名流の筆跡を「白応漫遊録」としてまとめた。彫刻もよくした。明治13年5月死去。55歳。越後(えちご)(新潟県)出身。俗姓は小松。名は恵明。別号に橡渓,白応,半山,翠谷道人,清逸堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

南渓(2)の関連キーワードオーストラリア・ニュージーランド文学ハウフバーラクザイ朝ハウフ紙幣整理チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ブラウン地獄の門明治維新オランダ文学