コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南通 なんつう

百科事典マイペディアの解説

南通【なんつう】

中国,江蘇省東部の都市。長江河口付近の北岸にあり,米,綿花,塩などを産し,紡績・製粉工業が発達している。西の天生港は長江水運上の要地。東の呂四港は漁港。中国14の開放港湾都市の一つ。
→関連項目江蘇[省]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南通
なんつう / ナントン

中国、江蘇(こうそ)省南東部、揚子江(ようすこう)下流の北岸に臨む地級市。通州(つうしゅう)など3市轄区、海安(かいあん)、如東(じょとう)2県を管轄し、如皋(じょこう)など3県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口766万8000(2015)。揚子江デルタ上に位置し、漢代の海陵(かいりょう)県、南北朝の蒲濤(ほとう)県の地で、五代のときに静海鎮、ついで通州が置かれた。清(しん)代に通州直隷州となったが、河北(かほく)省の通州と区別するため南通州と俗称された。辛亥(しんがい)革命後に南通県と改称し、1949年南通県の市街地と近郊に南通市が設置された。
 市内を通揚(つうよう)運河と通呂(つうりょ)運河が交差する。揚子江の水運埠頭(ふとう)は南通港と天生港にあり、三つの1万トン級バース(係留地)をはじめ24のバースが設けられている。1983年からは国際貿易港として利用されるようになり、1984年には改革開放政策に沿って沿海対外開放14都市の一つとなった。江北の江淮(こうわい)平原を控え、綿花、ハッカ、米、コウマ、魚など農水産物の取引が盛んである。明(みん)代より紡績業が手工業としておこり、中華人民共和国成立後、機械、化学、電子などの重工業が発達した。一時期は紡績工業をはじめとする軽工業の割合が高かったが、現在は機械製造などの重工業が中心となっている。通州区には南通興東空港がある。[林 和生・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の南通の言及

【江蘇[省]】より

… 工業は19世紀の中ごろから,列強の経済侵略の拠点である上海が中心となった。原料も労働力もすべてそこへ集中され,民族資本による小規模な工業が,上海の衛星都市ともいうべき無錫(むしやく),蘇州,常州,南通などで行われていたにすぎない。しかも,紡績や絹・綿織物,食品加工などが主で,もちろん重工業のごときはなかったのである。…

※「南通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南通の関連キーワード香川県立東山魁夷せとうち美術館北日本コンピューターサービスナントン(南通)特別市堀江(大阪市)江蘇(省)倉田 哲治経済開発区江淮平原劉 延東ナントン陳 若琳顧 秀蓮李 盛霖李方膺黒旗軍陳 玘張謇

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南通の関連情報