コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博物志 はくぶつしBo-wu-zhi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

博物志
はくぶつし
Bo-wu-zhi

中国の奇聞説集。西晋張華の著。 10巻。神仙や異常な人間,動植物についての記録を主とし,民間伝説などが交る。張華は神秘的な逸話がいくつかあるほど博学で,本書はその知識を駆使して珍しい話を書き記したもの。王嘉の『拾遺記』によれば,もとは 400巻あったものを,武帝から内容が疑わしいとして削除を命じられて 10巻になったという。ただ,六朝から唐にかけての書に『博物志』として引用された文章で現行の『博物志』に記載されていないものがしばしばあり,また,話が断片的なものが多いところから,原本は一度失われ,現行本は後人が他書に引用されたものを集めたものと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はくぶつし【博物志 Bó wù zhì】

中国,晋の張華が著した,中国および諸外国の事物を雑記した書物。晋の張華が著し,北魏の常景らの删定(さんてい)を経て,現行の10巻本ができたとされる。地理上の知識から各地の物産,めずらしい動植物,あるいは歴史上の人物の故事等を分類して記録する。その中には古代神話の材料も多く,古代学研究に貴重な材料を提供する。例えば七夕伝説は本書を初見とする。ただ字句の誤脱がはなはだしいので利用にあたっては困難が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はくぶつし【博物志】

中国、晋しん代の民俗風物誌。一〇巻。張華著。山川・物産・外国・異人・異俗・獣鳥虫魚・薬物・服飾・器名などについて記した書。宋代の「続博物志」はこの書にならって李石が著したもの。
〔原題 ラテン Historia naturalis〕 (大)プリニウス著。三七巻。77年に成立。宇宙・地理・人間・動植物・薬剤・鉱物などの記述を含む、古代ギリシャ・ローマ時代の知識の集大成。記述に疑問もあるが、典拠の列挙もあり貴重な文献資料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

博物志の関連キーワードツルムラサキニンニク百科事典ベニバナ女史箴図博物学ヤモリミカン畑正憲志怪元仁嘉禄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android