コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厚田 あつた

3件 の用語解説(厚田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厚田
あつた

北海道中西部,石狩市中部の旧村域。石狩湾に臨む。 1902年村制。 1907年望来村と合体。 2005年石狩市に編入。地名はアイヌ語のアツシ (オヒョウの樹皮を原料とした織物) に由来。江戸時代からニシン漁業で開け,「ニシンの千石場所」として知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あつた【厚田】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

厚田
あつた

北海道中西部、石狩(いしかり)支庁(現、石狩振興局)管内にあった旧村名(厚田村(むら))。現在は、南北に長い石狩市の中央部を占める地域。旧厚田村は1907年(明治40)村制施行。2005年(平成17)石狩市へ編入。旧村名はアイヌ語「アツシ」(織物)の転訛(てんか)で、原料となるオヒョウニレの木が多かったためという。旧村域を国道231号が日本海沿岸沿いに走る。海岸部の厚田、古潭(こたん)、望来(もうらい)の集落はそれぞれ河口にあり、江戸時代からニシン漁で栄えた古い歴史をもつ。現在は、小河川流域の水田中心の農業に加え、札幌市近郊という地理的位置を生かした野菜、メロンなどの園芸、原料乳生産など都市近郊型農業と、ハタハタなどの沿岸漁業が行われる。国道の開通(1971)後、北部の海食崖(かいしょくがい)ルーラン奇勝が観光地となり、一帯は暑寒別天売焼尻(しょかんべつてうりやぎしり)国定公園に指定されている。海水浴場もあり、観光に力を入れている。[柏村一郎]
『『厚田村史』(1969・厚田村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

厚田の関連キーワード北海道石狩市生振北海道石狩市志美北海道石狩市新町北海道石狩市仲町北海道石狩市八幡北海道石狩市花川浜益〈村〉北海道石狩市浜町北海道石狩市本町北海道石狩市若生

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

厚田の関連情報