コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取手市 とりで

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

取手〔市〕
とりで

茨城県南部,利根川の中流部北岸にある市。利根川を挟んで千葉県に対する。 1955年取手町と小文間村,寺原村,稲戸井村の3村および高井村の一部が合体して,1970年市制。 2005年藤代町を編入。江戸時代,水戸街道の利根川渡しの宿場として繁栄。 1935年の大利根橋開通後は国道6号線によって東京と直結。 1949年に国鉄常磐線が取手まで電化されてから急速に都市化が進んだ。住宅団地が建設されるなど,東京の近郊住宅都市としての色彩を強める。電器製品,ビール醸造などの工場が進出して工業化も著しい。国の重要文化財に竜禅寺三仏堂がある。 JR常磐線が通るほか,関東鉄道常総線,国道 294号線の起点ともなっている。面積 69.94km2。人口 10万6570(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

取手市の関連キーワード茨城県取手市長兵衛新田茨城県取手市井野団地茨城県取手市米ノ井茨城県取手市桜が丘茨城県取手市光風台茨城県取手市上高井茨城県取手市上萱場茨城県取手市下萱場茨城県取手市下高井茨城県取手市宮和田茨城県取手市中央町茨城県取手市新取手茨城県取手市野々井茨城県取手市中原町茨城県取手市小文間茨城県取手市小浮気茨城県取手市井野台茨城県取手市市之代茨城県取手市双葉茨城県取手市平野

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

取手市の関連情報