コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤代 ふじしろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤代
ふじしろ

茨城県南部,取手市北東部の旧町域。利根川支流小貝川の下流部にある。 1955年相馬町と六郷村,山王村の2村および高須村,久賀村の一部が合体して藤代町が発足。 2005年取手市に編入近世には水戸街道宿場町沖積低地が広がり,耕地大部分は水田。宅地造成が盛ん。北西部に岡堰がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤代
ふじしろ

茨城県南部、北相馬(きたそうま)郡にあった旧町名(藤代町(まち))。現在は取手(とりで)市の北東部を占める地域。1955年(昭和30)相馬町と六郷(ろくごう)、山王(さんのう)の2村および高須(たかす)、久賀(くが)2村の各一部が合併して藤代町と改称。2005年(平成17)取手市に編入。旧町域は小貝(こかい)川下流にあり牛久(うしく)沼に接する低湿地帯で、しばしば大洪水の被害を受けた。農家は水塚(みづか)をもっている。JR常磐(じょうばん)線、国道6号が通じる。水戸街道の宿場町が中心で、藤代宿―取手宿間の本道は水害が多いため、3本もの回り道も用意された。水田は耕地面積の90%以上もあり、米作地帯をなす。堤防、排水機場など治水事業が完成し、住宅地造成と東京通勤者が増加し、1986年に人口3万を超えた。岡(おか)の大日山古墳は県指定史跡。岡堰(おかぜき)は現つくばみらい市の福岡堰、龍ケ崎市の豊田堰と並ぶ小貝川三大堰の一つで伊奈忠治(いなただはる)の築造により、1630年(寛永7)完成し、桜の名所でもある。1996年(平成8)下流300メートルに可動式の新岡堰が完成した。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

藤代の関連キーワードハギンズ(Maurice Loyal Huggins)ザックス(Hans Sachs、工匠歌人、劇作家)コンラート・フォン・ウュルツブルクティル・オイレンシュピーゲル[各個指定]工芸技術部門丹生都比売神社ボーダー&レス茨城県取手市水戸・佐倉道永田 春水高野 素十藤代[町]藤代絵梨子BU・SU弘前(市)電気機関車取手(市)藤代三千代大山 定一藤代 禎輔

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤代の関連情報