コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古在由秀 こざい よしひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古在由秀 こざい-よしひで

1928- 昭和後期-平成時代の天文学者。
昭和3年4月1日生まれ。古在由重の甥(おい)。昭和33年渡米し,人工衛星の軌道を算出する「コザイの式」を完成。地球の形がいびつであることを立証した。41年東大教授となり,56年東大東京天文台長。63年国立天文台初代台長。のち群馬県立ぐんま天文台長。54年学士院恩賜賞。55年学士院会員。平成21年文化功労者。東京出身。東大卒。著作に「地球をはかる」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古在由秀の関連キーワード軌道(物体の運動)恩賜賞受賞者マスコン天文学者

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android