コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古平町 ふるびら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古平〔町〕
ふるびら

北海道西部,日本海に面する町。 1902年町制。地名はアイヌ語のフルレビラまたはフィーピラ (赤い崖の意) に由来。町域は,積丹半島北岸にあって山地が多く,耕地は少い。江戸時代から昭和初期までニシン漁で栄えた。スケトウダラ,ホッケ,イカなどの沿岸漁業が主産業。町域中央を流れる古平川流域で米,野菜が栽培され,乳牛飼育,養豚も行われる。奇岩,絶壁と釣場の多い石狩湾岸は,ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属する景勝地。国道 229号線が通る。面積 188.36km2。人口 3188(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

古平町の関連キーワード北しりべし廃棄物処理広域連合北海道古平郡古平町新地町北海道古平郡古平町沢江町北海道古平郡古平町入船町北海道古平郡古平町群来町北海道古平郡古平町歌棄町北海道古平郡古平町御崎町北海道古平郡古平町丸山町北海道古平郡古平町港町北海道古平郡古平町浜町北海道古平郡古平町本町北海道古平郡古平町沖町豊浜トンネル崩落事故後志総合振興局銀安四面銅鉱北海道のエイ古平町の要覧北海道古平郡稲倉石鉱山古平(町)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android