積丹半島(読み)しゃこたんはんとう

  • しゃこたんはんとう ‥ハンタウ
  • しゃこたんはんとう〔ハンタウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北海道西部,日本海に臨む半島。長さ約 40km。幅 20~30km。新第三紀層を基盤に多くの火山噴出。余別岳(1298m),積丹岳(1255m)など 1000m前後の山地が連なり,山地は浸食が進んで壮年期山容を示す。先端部に積丹岬神威岬突出。海岸は高さ 50m内外の海食崖が発達し,海岸段丘面を除いて平地は少ない。漁業が中心で,余市町古平町積丹町神恵内村泊村などの町村はかつてニシン漁で栄えたが,今日ではスケトウダラ,ホッケが主要漁獲物。1963年海岸の大部分ニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

北海道西部,後志(しりべし)火山群が日本海に北西に突出する半島。長さ約40km,幅約25kmで,ほぼ全域が第三紀の火成岩類によって構成され,安山岩質の溶岩や集塊岩が多い。海食によって断崖奇岩を伴う雄大な景勝を生じ,ニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されている。余別岳(1298m),積丹岳(1255m)を主峰とし,北西~南東方向に脊梁山地が形成され,先端に積丹岬,神威(かむい)岬が突出している。海岸部にも低地はほとんどなく,山地がただちに海に接し,しばしば高い海食崖をつくっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

北海道南西部、日本海に突出する半島。海蝕崖が発達する。沿岸一帯はニセコ積丹小樽海岸国定公園に属する景勝地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北海道西部、渡島(おしま)半島の基部で日本海に突き出る半島。新第三紀層を基盤とし、その上に安山岩、石英粗面岩などからなる火山体をのせ、後志火山群(しりべしかざんぐん)をなしている。北部山地に積丹岳(1255メートル)、余別(よべつ)岳(1298メートル)、ポンネアンチシ山(1145メートル)、珊内(さんない)岳(1091メートル)、南部山地に熊追山(805メートル)、天狗(てんぐ)岳(872メートル)、八内(はちない)岳(944メートル)などの山々がある。山地は海岸に迫り、20~80メートルの海食崖(がい)をなしている。半島には丸山岬、マッカ岬、積丹岬、神威(かむい)岬、川白岬、竜神岬など多くの岬がある。山地を刻む河川は小さいが急流で滝となって落下する所もある。平地に乏しいために農業は発達せず、余市(よいち)、岩内(いわない)の二大漁港をはじめ、古平(ふるびら)、美国(びくに)・入舸(いりか)・余別(積丹町)、神恵内(かもえない)などの漁業集落が点在し、かつてのニシン漁にかわって、スケトウダラ、コウナゴなどを漁獲する。海岸沿いを国道229号が走る。海岸一帯はニセコ積丹小樽(おたる)海岸国定公園をなす。[瀬川秀良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

北海道西部、日本海に突出する半島。積丹岳(一二五五メートル)がそびえ、海食崖の海岸線をもち、積丹岬、神威(かむい)岬がある。安政三年(一八五六)女性の通行解禁後、漁業入植者が多く、岩内、余市などは昭和初期までニシン漁で栄えた。ニセコ積丹小樽海岸国定公園の一中心。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

積丹半島の関連情報