コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積丹半島 しゃこたんはんとう

7件 の用語解説(積丹半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

積丹半島
しゃこたんはんとう

北海道西部,日本海に臨む半島。長さ約 40km。幅 20~30km。新第三紀層を基盤に多くの火山が噴出。余別岳(1298m),積丹岳(1255m)など 1000m前後の山地が連なり,山地は浸食が進んで壮年期の山容を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゃこたん‐はんとう〔‐ハンタウ〕【積丹半島】

北海道西部、日本海に突出した半島。海食崖(かいしょくがい)が発達し、ニセコ積丹小樽海岸国定公園の一部。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

積丹半島【しゃこたんはんとう】

北海道南西部,日本海に突出する半島。第三系を基盤にした積丹岳,余別岳などの火山体が主要部を占める。海岸は海食崖をなし,積丹岬神威(かむい)岬があり,ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属する。
→関連項目石狩湾岩内[町]積丹[町]古平[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゃこたんはんとう【積丹半島】

北海道西部,後志(しりべし)火山群が日本海に北西に突出する半島。長さ約40km,幅約25kmで,ほぼ全域が第三紀の火成岩類によって構成され,安山岩質の溶岩や集塊岩が多い。海食によって断崖と奇岩を伴う雄大な景勝を生じ,ニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されている。余別岳(1298m),積丹岳(1255m)を主峰とし,北西~南東方向に脊梁山地が形成され,先端に積丹岬,神威(かむい)岬が突出している。海岸部にも低地はほとんどなく,山地がただちに海に接し,しばしば高い海食崖をつくっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゃこたんはんとう【積丹半島】

北海道南西部、日本海に突出する半島。海蝕崖が発達する。沿岸一帯はニセコ積丹小樽海岸国定公園に属する景勝地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕積丹半島(しゃこたんはんとう)


北海道西部、日本海に突き出た半島。余別(よべつ)岳(標高1298m)・積丹岳など後志(しりべし)火山群の山々が海岸に迫り、先端に神威(かむい)岬・積丹岬がある。かつてはニシン漁で知られたが、現在はスケトウダラ・イカ漁が盛ん。海食崖(かいしょくがい)・岩礁が美観をつくり、海岸部はニセコ積丹小樽(おたる)海岸国定公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

積丹半島
しゃこたんはんとう

北海道西部、渡島(おしま)半島の基部で日本海に突き出る半島。新第三紀層を基盤とし、その上に安山岩、石英粗面岩などからなる火山体をのせ、後志(しりべし)火山群をなしている。北部山地に積丹岳(1255メートル)、余別(よべつ)岳(1298メートル)、ポンネアンチシ山(1145メートル)、珊内(さんない)岳(1091メートル)、南部山地に熊追山(805メートル)、天狗(てんぐ)岳(872メートル)、八内(はちない)岳(944メートル)などの山々がある。山地は海岸に迫り、20~80メートルの海食崖(がい)をなしている。半島には丸山岬、マッカ岬、積丹岬、神威(かむい)岬、川白岬、竜神岬など多くの岬がある。山地を刻む河川は小さいが急流で滝となって落下する所もある。平地に乏しいために農業は発達せず、余市(よいち)、岩内(いわない)の二大漁港をはじめ、古平(ふるびら)、美国(びくに)・入舸(いりか)・余別(積丹町)、神恵内(かもえない)などの漁業集落が点在し、かつてのニシン漁にかわって、スケトウダラ、コウナゴなどを漁獲する。海岸沿いを国道229号が走る。海岸一帯はニセコ積丹小樽(おたる)海岸国定公園をなす。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

積丹半島の関連キーワード後志支庁後志総合振興局後志ニセコ倶知安後志利別川共和[町]蘭越[町]北海道後志〈総合振興局〉赤井川[村]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

積丹半島の関連情報