コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古野清人 ふるのきよと

3件 の用語解説(古野清人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古野清人
ふるのきよと

[生]1899.10.6. 福岡
[没]1979.3.1. 東京
宗教人類学者,宗教社会学者。東京帝国大学卒業。九州大学東京都立大学駒澤大学の各教授,日本宗教学会会長,財団法人民族学振興会理事長などを歴任。 É.デュルケムの社会学の方法を重んじ,すぐれた実証的研究を行なったばかりでなく,各国の文献を広く渉猟して斬新な理論的研究を推進し,多くの業績を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古野清人 ふるの-きよと

1899-1979 昭和時代の宗教社会学者。
明治32年10月6日生まれ。九大,都立大などの教授をつとめる。フランス宗教社会学を紹介し,台湾高山族などのフィールドワークをとおして宗教社会学,宗教人類学の発展につくした。昭和50年「キリシタニズムの比較研究」で学士院賞。昭和54年3月1日死去。79歳。福岡県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古野清人
ふるのきよと
(1899―1979)

宗教社会学者。1926年(大正15)東京帝国大学文学部宗教学宗教史学科を卒業。九州大学教授、東京都立大学(現、首都大学東京)教授などを歴任した。日本学士院会員。日本でもっとも優れた宗教社会学者である。デュルケームモースを中心とするフランス社会学派の学問研究の方法は、彼の場合も中心的なものであった。フィールドワークも行っている。宗教の社会学的・人類学的研究を中心として、キリシタニズム研究、シャーマニズム研究、宗教学説史研究、原始文化の探究、原始宗教の構造と展開など、広範な宗教学、社会学、人類学の研究を進めた。著作集8巻がある。[野村暢清]
『『古野清人著作集』7巻・別巻1(1972~1974・三一書房/1990・南斗書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古野清人の関連キーワード階乗偶数Nエヌ没・歿勃・歿・没三角数n-6脂肪酸Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone