コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古野清人 ふるのきよと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古野清人
ふるのきよと

[生]1899.10.6. 福岡
[没]1979.3.1. 東京
宗教人類学者,宗教社会学者。東京帝国大学卒業。九州大学,東京都立大学,駒澤大学の各教授,日本宗教学会会長,財団法人民族学振興会理事長などを歴任。 É.デュルケムの社会学の方法を重んじ,すぐれた実証的研究を行なったばかりでなく,各国の文献を広く渉猟して斬新な理論的研究を推進し,多くの業績を残した。 1977年 11月学士院会員に選ばれ,同時にフランスからフランス芸術文化勲章を贈られた。主著に『高砂族の祭儀生活』 (1945) ,『隠れキリシタン』 (59) ,『農耕儀礼の研究』 (70) ,『宗教生活の基本構造』 (71) ,『古野清人著作集』 (全7巻,別巻1,74) ,訳書に『宗教生活の原初形態』『原始神話学』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古野清人 ふるの-きよと

1899-1979 昭和時代の宗教社会学者。
明治32年10月6日生まれ。九大,都立大などの教授をつとめる。フランス宗教社会学を紹介し,台湾高山族などのフィールドワークをとおして宗教社会学,宗教人類学の発展につくした。昭和50年「キリシタニズムの比較研究」で学士院賞。昭和54年3月1日死去。79歳。福岡県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古野清人
ふるのきよと
(1899―1979)

宗教社会学者。1926年(大正15)東京帝国大学文学部宗教学宗教史学科を卒業。九州大学教授、東京都立大学(現、首都大学東京)教授などを歴任した。日本学士院会員。日本でもっとも優れた宗教社会学者である。デュルケーム、モースを中心とするフランス社会学派の学問研究の方法は、彼の場合も中心的なものであった。フィールドワークも行っている。宗教の社会学的・人類学的研究を中心として、キリシタニズム研究、シャーマニズム研究、宗教学説史研究、原始文化の探究、原始宗教の構造と展開など、広範な宗教学、社会学、人類学の研究を進めた。著作集8巻がある。[野村暢清]
『『古野清人著作集』7巻・別巻1(1972~1974・三一書房/1990・南斗書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

古野清人の関連キーワードフェティシズムプレアニミズムアニミズム虹(気象)古野 清人駒澤大学松本信広獅子舞納戸神

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android