コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

句題和歌 クダイワカ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

句題和歌
くだいわか

平安前期の歌人大江千里(おおえのちさと)の家集。『大江千里集』ともいう。894年(寛平6)成立。宇多(うだ)天皇より古今の和歌の類聚(るいじゅう)を求められたのに対し、唐詩の一句を題とした翻案歌110首(現存本は115首)をそれぞれの摘句とともに番(つが)えて、これを漢詩文集の部類をも参考に、春、夏、秋、冬、風月、遊覧、離別、述懐に分類し、末尾に自詠和歌10首(詠懐)を添えて献上したもの。和漢対照様式の斬新(ざんしん)な趣向は当代の好尚を反映するものだが、佳句撰(せん)的傾向が強く、題詠歌としては習作の域を出ない。出典の判明する88句中の8割が白楽天詩からの摘句である。[渡辺秀夫]
『金子彦二郎著『増補 平安時代文学と白氏文集 句題和歌・千載佳句研究篇』復刻版(1977・芸林舎)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

句題和歌の関連キーワード金子 彦二郎新撰万葉集白氏文集摘句元稹題詠

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android