コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覗く/覘く/窺く/臨く ノゾク

デジタル大辞泉の解説

のぞ・く【×覗く/×覘く/×窺く/臨く】

[動カ五(四)]
物陰やすきま、小さな穴などから見る。「鍵穴から―・く」「部屋を―・く」
装置を用いて物体を見る。「望遠鏡を―・く」
高い所から低い所を見る。「谷底を―・く」
ひそかにようすをうかがう。また、隠しごとや秘密にしている物などをこっそりと見る。「私生活を―・く」「娘の日記を―・く」
ちょっと見る。また、本格的でなくほんの一部分だけを知る。「大人の世界を―・く」「経済学を―・いたことがある」
ちょっと立ち寄る。ついでに訪れる。「古本屋を―・く」
一部分が現れ出る。一部が外から見える。「葉の間から青空が―・く」「襟元からスカーフが―・いている」
臨む。目の前にする。
「水に―・きたる廊に造りおろしたる橋の」〈・椎本〉
[可能]のぞける

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例