コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覗く/覘く/窺く/臨く ノゾク

デジタル大辞泉の解説

のぞ・く【×覗く/×覘く/×窺く/臨く】

[動カ五(四)]
物陰やすきま、小さな穴などから見る。「鍵穴から―・く」「部屋を―・く」
装置を用いて物体を見る。「望遠鏡を―・く」
高い所から低い所を見る。「谷底を―・く」
ひそかにようすをうかがう。また、隠しごとや秘密にしている物などをこっそりと見る。「私生活を―・く」「娘の日記を―・く」
ちょっと見る。また、本格的でなくほんの一部分だけを知る。「大人の世界を―・く」「経済学を―・いたことがある」
ちょっと立ち寄る。ついでに訪れる。「古本屋を―・く」
一部分が現れ出る。一部が外から見える。「葉の間から青空が―・く」「襟元からスカーフが―・いている」
臨む。目の前にする。
「水に―・きたる廊に造りおろしたる橋の」〈椎本
[可能]のぞける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

覗く/覘く/窺く/臨くの関連キーワードウィリアム・ホープ ホジソンアラン ロブ・グリエ鍵の穴から天を覗くスキンダイビングフリーダイビング葦・蘆・葭・芦魔夜の赤い靴ロブ・グリエロブ・グリエクリチック賞ロブ=グリエアッベの法則ロブグリエベニスナゴ藤本喜久子高橋克彦中野大地藤本美帆のぞき屋仲良太郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android