コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉知幾 りゅうちきLiu Zhi-ji; Liu Chih-chi

4件 の用語解説(劉知幾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉知幾
りゅうちき
Liu Zhi-ji; Liu Chih-chi

[生]竜朔1(661)
[没]開元9(721).安州
中国,唐の歴史家。字は子玄。彭 (ほう) 城劉氏の出身。史書に通暁し,史官として『唐史』『実録』の編纂に貢献。官僚機構のなかでは制約が多くて十分に史筆をふるうことができないのを憤慨し,古来の史籍を通観論評して中国最初の史論『史通』 (20巻) を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐ちき〔リウ‐〕【劉知幾】

[661~721]中国、の歴史学者。彭城(江蘇省)の人。字(あざな)は子玄。「史通」を著して史学批評・史学理論を考求した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

劉知幾【りゅうちき】

中国,唐代の歴史学者。進士となった後,30年間史館にあって歴史編纂(へんさん)に生涯をささげた。事実に基づき,儒教的礼楽思想にとらわれない歴史記述を理想としたが,当時の宮廷では無能な貴族が高官となっていて,彼の理想は実現できず,その不満を《史通》に著した。
→関連項目章学誠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

劉知幾
りゅうちき
(661―721)

中国、唐代の歴史家。字(あざな)は子玄。彭城(ほうじょう)(江蘇(こうそ)省銅山県)の生まれ。少年期から史書に親しみ、20歳で仕官、38歳中央政府に入り、41歳著作郎(ちょさろう)となって国史編集にあたった。しかし上司とあわず、昇進せず鬱屈(うっくつ)してその感懐を『史通』に託した。その性、剛正といわれ合理主義を貫いた。61歳で長子(きょう)が連座したのを訴え、かえって流謫(るたく)(流刑)されて病死。のちに唐6代皇帝玄宗は『史通』を善(よ)しといい、文と謚(おくりな)した。[増井経夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の劉知幾の言及

【史通】より

…中国,唐代の歴史家,劉知幾(りゆうちき)(661‐721)の著作。中国における最初の総合的な批判的史論として高く評価される。…

※「劉知幾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

劉知幾の関連キーワードアリー皇極天皇アリー斉明天皇斉明天皇シリア斉明天皇ウマイヤ朝正統カリフ時代ダマスカス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone