コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀昀 きいんJǐ Yún

世界大百科事典 第2版の解説

きいん【紀昀 Jǐ Yún】

1724‐1805
中国,清中期の学者。字は暁嵐,また春帆,晩年に石雲と号した。直隷省河間府の名門の生れ。乾隆19年(1754)の進士。翰林の官にいて,戴震銭大昕(せんたいきん)ら都へ集まる学者たちにとってのよき庇護者であったが,1768年,罪に問われた姻戚にその情報を内報したかどで,ウルムチ(烏魯木斉)に流された。2年ほどで許され,1773年に四庫全書館が開かれると,総纂官として編纂の事業を統括し,とくに書目解題《四庫全書総目提要》は各専門分野の学者の手に成る分纂稿に筆をふるって定稿とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


きいん
(1724―1805)

中国、清(しん)代の学者。字(あざな)は暁嵐(ぎょうらん)、諡(おくりな)は文達。直隷(ちょくれい)(河北省)献県の人。1754年(乾隆19)の進士。翰林院(かんりんいん)編修から翰林院侍読学士になったが、罪を得て新疆(しんきょう)ウルムチに流された。1771年許されて翰林院編修に復職。1773年高宗(乾隆帝)の命により「四庫全書」の編集事業が始まるとその総纂(そうさん)官に任命され、以後10年間に多くの学者の協力を得て、1782年『四庫全書総目提要』200巻を完成。礼部尚書協弁大学士に昇って没した。博覧強記、豊かな学殖で知られ、その学風は形而上(けいじじょう)的な宋学(そうがく)を排し、実証的な漢学の立場をとった。生前に怪奇な話を集めた小説集『閲微草堂筆記(えつびそうどうひっき)』24巻を著したほかは詩文いっさいを保存しなかったが、死後の1812年それらを集めて『紀文達公文集』16巻が刊行された。[佐藤 保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の紀昀の言及

【閲微草堂筆記】より

…中国,清の紀昀(きいん)の著。文言の志怪小説。…

【四庫全書】より

…経・史・子・集の四部に分類されて保管されたので四庫の名がある。乾隆帝は1741年(乾隆6)から集書を始め,72年に四庫全書館を置き,紀昀(きいん)らに命じて,勅撰本,内府蔵本,永楽大典本,各省採進本,私人進献本,通行本の6種よりなる収集原本をもとに,四庫に収める書と目録だけを作る書とに分けさせた。前者を著録といい,後者を存目という。…

※「紀昀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紀昀の関連キーワード瀛奎律髄翰林院

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android