コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀昀 きいん Jǐ Yún

2件 の用語解説(紀昀の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きいん【紀昀 Jǐ Yún】

1724‐1805
中国,清中期の学者。字は暁嵐,また春帆,晩年に石雲と号した。直隷省河間府の名門の生れ。乾隆19年(1754)の進士。翰林の官にいて,戴震,銭大昕(せんたいきん)ら都へ集まる学者たちにとってのよき庇護者であったが,1768年,罪に問われた姻戚にその情報を内報したかどで,ウルムチ(烏魯木斉)に流された。2年ほどで許され,1773年に四庫全書館が開かれると,総纂官として編纂の事業を統括し,とくに書目解題《四庫全書総目提要》は各専門分野の学者の手に成る分纂稿に筆をふるって定稿とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


きいん
(1724―1805)

中国、清(しん)代の学者。字(あざな)は暁嵐(ぎょうらん)、諡(おくりな)は文達。直隷(ちょくれい)(河北省)献県の人。1754年(乾隆19)の進士。翰林院(かんりんいん)編修から翰林院侍読学士になったが、罪を得て新疆(しんきょう)ウルムチに流された。1771年許されて翰林院編修に復職。1773年高宗(乾隆帝)の命により「四庫全書」の編集事業が始まるとその総纂(そうさん)官に任命され、以後10年間に多くの学者の協力を得て、1782年『四庫全書総目提要』200巻を完成。礼部尚書協弁大学士に昇って没した。博覧強記、豊かな学殖で知られ、その学風は形而上(けいじじょう)的な宋学(そうがく)を排し、実証的な漢学の立場をとった。生前に怪奇な話を集めた小説集『閲微草堂筆記(えつびそうどうひっき)』24巻を著したほかは詩文いっさいを保存しなかったが、死後の1812年それらを集めて『紀文達公文集』16巻が刊行された。[佐藤 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の紀昀の言及

【閲微草堂筆記】より

…中国,清の紀昀(きいん)の著。文言の志怪小説。…

【四庫全書】より

…経・史・子・集の四部に分類されて保管されたので四庫の名がある。乾隆帝は1741年(乾隆6)から集書を始め,72年に四庫全書館を置き,紀昀(きいん)らに命じて,勅撰本,内府蔵本,永楽大典本,各省採進本,私人進献本,通行本の6種よりなる収集原本をもとに,四庫に収める書と目録だけを作る書とに分けさせた。前者を著録といい,後者を存目という。…

※「紀昀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

紀昀の関連キーワード王圻王粛魏源魏収許衡許慎阮元四庫全書冉雍曽先之

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone