司法前処理(読み)しほうぜんしょり(英語表記)pre‐judicial disposition

世界大百科事典 第2版の解説

しほうぜんしょり【司法前処理 pre‐judicial disposition】

犯罪や非行が行われた場合,捜査段階を経て,事件を裁判所,すなわち司法機関に持ち込み,刑罰,保護処分など,法律の定める処置を行うのが,伝統的な解決方法である。しかし,すべての事件を裁判所の手続にのせることは不経済であるだけでなく,不適当でもある。なぜなら,司法過程に置かれたことによって,本人が不利益を受け,健全な社会生活への復帰を妨げられることも少なくないからである。そこで,裁判所の手続が始まる以前の段階で事件を処理しようという考え方が生まれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android