コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉光 ヨシミツ

5件 の用語解説(吉光の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よしみつ【吉光】

粟田口吉光(あわたぐちよしみつ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉光 よしみつ

?-? 鎌倉時代の刀工。
粟田口(あわたぐち)派の国吉の弟子。正宗(まさむね),郷義弘(よしひろ)とならぶ三名工のひとりとされる。短刀を得意とし,代表作に「薬研(やげん)藤四郎」「厚藤四郎」と太刀(たち)「一期一振(いちごひとふり)藤四郎」などがある。通称は藤四郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

よしみつ【吉光】

鎌倉時代の刀工。生没年不詳。山城国粟田口に住し,国吉の弟子と伝え,藤四郎と通称した。相模の新藤五国光とともに短刀の名手として名高く,現存する有銘作は一期一振の刀が一口あるほかは,ほとんどが短刀である。室町時代以来,武家の間で賞揚され,1719年(享保4)本阿弥光忠の編による〈名物帳〉には吉光を正宗,江(義弘)とともに名物三作に掲げ,名物168口のうち吉光は16口を数え,焼身分(やけみのぶ)(火災などで損傷したもの)80口のうちでは18口,あわせて34口になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よしみつ【吉光】

1239?~1291?) 鎌倉末期、京都粟田口の刀工。国吉の子(一説に弟子とも)。藤四郎と称す。地鉄美しく、粟田口派最後の名工。短刀が多く、その姿は品位高い。桃山期には日本三作に挙げられ、古刀中の第一人者とされた。平野藤四郎(御物)・骨喰藤四郎・一期一振など名物は多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉光
よしみつ

生没年不詳。鎌倉後期の刀工。京都粟田口(あわたぐち)派に属し、粟田口吉光という。通称は藤四郎(とうしろう)。国吉の弟子で、正応(しょうおう)年間(1288~93)ごろに活躍したとみられる。短刀の名手として名高く、作品は正宗(まさむね)・郷義弘(ごうよしひろ)と並び「名物三作」と称して珍重された。畠山政長(はたけやままさなが)が細川政元に攻められ、吉光の短刀で切腹を図ったが切れないので、無益な道具だと投げ捨てたところ、傍らの薬研(やげん)(製薬に用いる金属製の器具)へ突っ立ったという「薬研藤四郎」の伝説などにより、持ち主の身を守るものとして、江戸の大名家では吉光の短刀を所持する習わしがあった。なお、吉光を名のる刀工には、土佐吉光、大和(やまと)吉光など多くを数える。[小笠原信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉光の関連キーワード国光国安貞次久国粟田口国家粟田口国頼浅井忠綱(初代)景長(2)国友(1)末宗

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉光の関連情報