コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉光 ヨシミツ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉光 よしみつ

?-? 鎌倉時代の刀工。
粟田口(あわたぐち)派の国吉弟子。正宗(まさむね),郷義弘(よしひろ)とならぶ三名工のひとりとされる。短刀を得意とし,代表作に「薬研(やげん)藤四郎」「厚藤四郎」と太刀(たち)「一期一振(いちごひとふり)藤四郎」などがある。通称は藤四郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

よしみつ【吉光】

鎌倉時代の刀工生没年不詳。山城国粟田口に住し,国吉の弟子と伝え,藤四郎と通称した。相模の新藤五国光とともに短刀の名手として名高く,現存する有銘作は一期一振の刀が一口あるほかは,ほとんどが短刀である。室町時代以来,武家の間で賞揚され,1719年(享保4)本阿弥光忠の編による〈名物帳〉には吉光を正宗,江(義弘)とともに名物三作に掲げ,名物168口のうち吉光は16口を数え,焼身分(やけみのぶ)(火災などで損傷したもの)80口のうちでは18口,あわせて34口になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

よしみつ【吉光】

1239?~1291?) 鎌倉末期、京都粟田口の刀工。国吉の子(一説に弟子とも)。藤四郎と称す。地鉄美しく、粟田口派最後の名工。短刀が多く、その姿は品位高い。桃山期には日本三作に挙げられ、古刀中の第一人者とされた。平野藤四郎(御物)・骨喰藤四郎・一期一振など名物は多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉光
よしみつ

生没年不詳。鎌倉後期の刀工。京都粟田口(あわたぐち)派に属し、粟田口吉光という。通称は藤四郎(とうしろう)。国吉の弟子で、正応(しょうおう)年間(1288~93)ごろに活躍したとみられる。短刀の名手として名高く、作品は正宗(まさむね)・郷義弘(ごうよしひろ)と並び「名物三作」と称して珍重された。畠山政長(はたけやままさなが)が細川政元に攻められ、吉光の短刀で切腹を図ったが切れないので、無益な道具だと投げ捨てたところ、傍らの薬研(やげん)(製薬に用いる金属製の器具)へ突っ立ったという「薬研藤四郎」の伝説などにより、持ち主の身を守るものとして、江戸の大名家では吉光の短刀を所持する習わしがあった。なお、吉光を名のる刀工には、土佐吉光、大和(やまと)吉光など多くを数える。[小笠原信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

吉光の関連キーワードハウスホーファー(Albrecht Haushofer)イタリアーナ百科事典ソビエト大百科事典お染久松色読販白山比咩神社ブラトビッチ薬研通吉光江戸ハルマ藤四郎吉光博多藤四郎後藤藤四郎骨喰藤四郎秋田藤四郎ツェラーン粟田口吉光鎌倉時代国語辞典川面凡児土佐光正土佐光秀

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉光の関連情報