コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉州窯 きっしゅうよう Ji-zhou-yao

6件 の用語解説(吉州窯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉州窯
きっしゅうよう
Ji-zhou-yao

中国,江西省吉安市永和鎮にあった窯で,唐代から清代まで存続。唐代には越州窯に劣らない淡いオリーブ色の青磁を生産し,北宋代には白磁,絵高麗など,南宋代には白磁や玳皮盞 (たいひさん) を焼き,明・清代には染付,白磁を制作した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きっしゅう‐よう〔キツシウエウ〕【吉州窯】

中国江西省吉安市永和鎮にあった陶磁の古窯。六朝(りくちょう)時代には古越磁、唐宋時代には白磁・青磁・天目(てんもく)が焼かれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉州窯【きっしゅうよう】

中国,江西省吉安県永和鎮にあった窯。古くは青磁を焼成したが,宋時代には白磁や黒釉磁を主要製品とした。日本で有名な茶黒色の釉に,白濁した黄釉を施してある天目茶碗,玳玻盞(たいひさん),鼈盞(べっさん),木葉(このは)天目,梅花天目などはこの窯の南宋の製品。
→関連項目鉄絵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きっしゅうよう【吉州窯 Jí zhōu yáo】

中国,江西省吉安市永和鎮にあった窯。唐末五代のころから越州窯風の青磁や定窯風の白磁,黒磁を焼造した。宋代には磁州窯風な白地黒花文の精緻な作品なども知られ,また抹茶法による喫茶の流行に伴い,天目茶碗も焼造された。天目では日本で玳玻盞(たいひさん),鼈盞(べつさん)と呼ぶ黒釉の上に失透釉を掛け鼈甲状の釉調のものが名高く,また剪紙(せんし)(切紙)の文様を黒釉上に貼り,失透釉を掛けて焼造した梅花天目,竜天目,鸞(らん)天目,文字天目なども珍重された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きっしゅうよう【吉州窯】

中国江西省吉安市永和鎮にあった窯かま。唐代末期には白磁や黒釉陶を産し、宋代の玳玻天目たいひてんもくは名高い。鎌倉時代頃から日本にも輸入された。永和窯。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉州窯
きっしゅうよう

中国、江西(こうせい/チヤンシー)省吉安(きつあん/チーアン)市永和鎮にある古窯。この地は隋(ずい)時代以来吉州に属していたところから吉州窯の名がつけられた。明(みん)時代初めの曹昭は『格古要論』のなかで吉州窯の名称を用いており、「吉州窯、出今吉安府盧陵県永和鎮、其色興紫定器相類、体厚而質粗、不甚直銭」と述べ、15世紀初頭の段階ではすでに粗雑な器皿を焼く地方窯に堕していたことをうかがわせる。考古学的な調査によってもこの傾向は認められており、吉州窯はおもに南宋(なんそう)から元(げん)にかけての13、14世紀に隆盛していたことが知られるようになった。俗に日本では吉州天目(てんもく)とよばれる玳皮盞(たいひさん)は、黒釉(こくゆう)と黄釉との二重掛けによって人為的に文様を表現し、絶妙な天目茶碗(ちゃわん)を完成させて名声を博した。このほか華南ではいち早く透明釉下に鉄絵の具で文様を巡らす鉄絵を試み、黒釉掻(か)き落し法を行い、低火度の緑釉を施すなど、新技術に対してまことに意欲的であった。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吉州窯の言及

【天目】より

…晋時代(3~5世紀)の越州窯では漆黒の黒釉がかなり用いられ,唐代(7~9世紀)には華北でも行われ,宋代(10~13世紀)には華北・華南の各地に天目を焼く多くの窯が興された。福建省建窯の建盞(けんさん)はその代表的なもので,日本で珍重される油滴天目,曜変天目,禾目(のぎめ)天目などを焼き,江西省の吉州窯では,黒釉とわら灰釉を二重がけした玳皮盞(たいひさん)や木の葉を釉化して焼きつけた木葉天目などが作られている。また華北一帯の磁州窯系の窯では,広く河南天目と呼ぶ黒釉のかかった碗,盤,瓶,壺などが作られ,河北省の定窯では黒定,紅定と呼ぶ天目釉のかかった碗,瓶,壺などが焼造された。…

※「吉州窯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉州窯の関連キーワード景徳鎮窯江西省羅洪先遺愛寺虎渓宣徳窯吉安大阪府東大阪市永和奈良県大和高田市永和町清江(中国江西省)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone