コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉岡憲法 ヨシオカケンボウ

4件 の用語解説(吉岡憲法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よしおか‐けんぼう〔よしをかケンバフ〕【吉岡憲法】

剣術吉岡流の歴代当主が世襲した名。初代は直元。染織の技術も相伝し、4代目憲法(直綱)が憲法染(けんぼうぞめ)を考案したとされる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉岡憲法 よしおか-けんぽう

?-? 戦国時代の剣術家。
吉岡流の祖。流派は鬼一法眼の京八流の末とも,祇園藤次に小太刀(こだち)をまなんだともいわれ,兵法師範として室町幕府につかえたという。京都四条の染物師で,憲法染,吉岡染とよばれる黒茶染を考案したとする説もあるが史実は不明。通称は仁右衛門

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よしおかけんぼう【吉岡憲法】

室町末期の剣術家。吉岡流の祖。京都四条の染物商だったが、祇園藤次に剣を学び、一流を興した。小太刀を用いる。室町幕府兵法所師範。生没年未詳。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉岡憲法
よしおかけんぽう

生没年不詳。戦国時代末期、京都の兵法者。吉岡流の祖。通称仁右衛門(にえもん)、名は直元(なおもと)。吉岡家伝の兵法は鬼一法眼(きいちほうげん)の京八(きょうはち)流の末といい、また、祇園(ぎおん)の藤次(とうじ)という者から小太刀(こだち)の妙術を得たという。天文(てんぶん)年間(1532~55)直元は足利(あしかが)12代将軍義晴(よしはる)に仕えて軍功を現し、その弟直光(なおみつ)のとき初めて将軍家の兵法所を預り、その子又三郎直賢(なおかた)は将軍義昭(よしあき)の兵法師範を勤めて、名声を高めた。直賢に3子あり、長子を源左衛門直綱(なおつな)、次子を又市直重(なおしげ)、三子を清次郎重賢(しげかた)といったが、宮本武蔵(むさし)と数度の勝負を争った「天下の兵法者」は、この直綱兄弟のこととみられる。1614年(慶長19)大坂冬の陣で徳川家康は、所司代を通じて、吉岡に大坂側に味方しないように釘(くぎ)を刺しておいたが、それにもかかわらず、一門をあげて豊臣(とよとみ)方に従軍した。そして戦後、その敗軍を恥じて兵法を捨て、西洞院四条(にしのとういんしじょう)に潜居し、門人の李三官(りさんかん)から伝えられた黒茶染めの法をもって染物業に転向したという。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉岡憲法の関連情報