コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉江喬松 よしえたかまつ

6件 の用語解説(吉江喬松の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉江喬松
よしえたかまつ

[生]1880.9.5. 長野,塩尻
[没]1940.3.26. 東京
詩人,評論家,フランス文学者。文学博士1905年早稲田大学英文科卒業。第1文集『緑雲』 (1909) で浪漫的自然詩人として登場。『自然美論』 (12) を経て『種蒔く人』に参加し,農民文学に傾斜。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしえ‐たかまつ【吉江喬松】

[1880~1940]詩人・評論家・フランス文学者。長野の生まれ。号、孤雁。浪漫的な自然詩人として注目された。早大教授となり仏文科を創設。著「緑雲」「仏蘭西古典劇研究」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉江喬松【よしえたかまつ】

評論家,詩人,仏文学者。号孤雁。長野県生れ。早大英文科卒。ロシア文学に親しみ,浪漫的な自然詩人として文集《緑雲》《砂丘》を出し,後年は農民文学や海洋文学を提唱した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉江喬松 よしえ-たかまつ

1880-1940 明治-昭和時代前期の詩人,フランス文学者。
明治13年9月5日生まれ。国木田独歩(どっぽ)の「新古文林」を編集。母校早大の講師となり,大正5年パリに留学。帰国後早大に仏文科を創設,教授をつとめる。比較文学,農民文学の分野でも業績をのこす。昭和15年3月26日死去。61歳。長野県出身。号は孤雁(こがん)。著作に「仏蘭西(フランス)古典劇研究」「吉江喬松詩集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

よしえたかまつ【吉江喬松】

1880~1940) フランス文学者・詩人・評論家。長野県生まれ。号、孤雁。早大教授。文芸批評への社会科学の方法論導入を主張。著「緑雲」「仏蘭西古典劇研究」など。翻訳も多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉江喬松
よしえたかまつ
(1880―1940)

詩人、仏文学者。孤雁(こがん)と号す。長野県に生まれる。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。国木田独歩(どっぽ)の『新古文林』の編集、早稲田中学教諭を経て早大高等予科講師となる。第一次世界大戦下、パリのソルボンヌ大学に学び、帰朝後、早大教授となり早大に仏文科を創設、『仏蘭西(フランス)古典劇研究』(1931)により文学博士となる。詩、評論、研究と多方面にわたって活躍したが、文学者としてはわが国の農民文学、海洋文芸の領域に新生面を開き、学者としてはフランス文学、比較文学の先駆的な役割を果たした。[窪田般彌]
『『吉江喬松全集』全八巻(1941~43・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉江喬松の関連キーワード伊東太郎加藤静夫郷芳男小杉武司佐久間文吾十時弥中川浄益(10代)森永助山名義路弓場貫一

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉江喬松の関連情報