吉江喬松(読み)よしえたかまつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉江喬松
よしえたかまつ

[生]1880.9.5. 長野,塩尻
[没]1940.3.26. 東京
詩人,評論家,フランス文学者。文学博士。 1905年早稲田大学英文科卒業。第1文集緑雲』 (1909) で浪漫的自然詩人として登場。『自然美論』 (12) を経て『種蒔く人』に参加し,農民文学に傾斜。早大英詩を講じ,16年フランスに留学,20年帰国し同大学に仏文科を創設。主任教授となり,ヨーロッパ近代思潮に根ざした文芸批評新生面を開く一方,『仏蘭西古典劇研究』 (31) ,『世界文芸大辞典』 (7巻,35~37) の編纂などの業績を残した。 22年レジオン・ドヌール勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よしえ‐たかまつ【吉江喬松】

[1880~1940]詩人・評論家・フランス文学者。長野の生まれ。号、孤雁。浪漫的な自然詩人として注目された。早大教授となり仏文科を創設。著「緑雲」「仏蘭西古典劇研究」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

吉江喬松【よしえたかまつ】

評論家,詩人,仏文学者。号孤雁。長野県生れ。早大英文科卒。ロシア文学に親しみ,浪漫的な自然詩人として文集《緑雲》《砂丘》を出し,後年は農民文学や海洋文学を提唱した。渡仏後,早大に仏文科を創設。《仏蘭西古典劇研究》で学位を得た。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉江喬松 よしえ-たかまつ

1880-1940 明治-昭和時代前期の詩人,フランス文学者。
明治13年9月5日生まれ。国木田独歩(どっぽ)の「新古文林」を編集。母校早大の講師となり,大正5年パリに留学。帰国後早大に仏文科を創設,教授をつとめる。比較文学,農民文学の分野でも業績をのこす。昭和15年3月26日死去。61歳。長野県出身。号は孤雁(こがん)。著作に「仏蘭西(フランス)古典劇研究」「吉江喬松詩集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よしえたかまつ【吉江喬松】

1880~1940) フランス文学者・詩人・評論家。長野県生まれ。号、孤雁。早大教授。文芸批評への社会科学の方法論導入を主張。著「緑雲」「仏蘭西古典劇研究」など。翻訳も多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉江喬松
よしえたかまつ
(1880―1940)

詩人、仏文学者。孤雁(こがん)と号す。長野県に生まれる。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。国木田独歩(どっぽ)の『新古文林』の編集、早稲田中学教諭を経て早大高等予科講師となる。第一次世界大戦下、パリのソルボンヌ大学に学び、帰朝後、早大教授となり早大に仏文科を創設、『仏蘭西(フランス)古典劇研究』(1931)により文学博士となる。詩、評論、研究と多方面にわたって活躍したが、文学者としてはわが国の農民文学、海洋文芸の領域に新生面を開き、学者としてはフランス文学、比較文学の先駆的な役割を果たした。[窪田般彌]
『『吉江喬松全集』全八巻(1941~43・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android