コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田の火祭り よしだのひまつり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田の火祭り
よしだのひまつり

山梨県富士吉田市の北口本宮冨士浅間神社とその境内社(→摂社)である諏訪神社の祭り。毎年 8月26,27日に行なわれる。富士山の噴火をしずめる祭りとされ,正式には鎮火祭という。富士山の山じまいを告げる祭りでもあり,26日夜に富士吉田市内の路上に立ち並べられた 80本あまりの大松明に火をともすことから,吉田の火祭りと呼ばれる。また,27日に御旅所から戻った神輿に「すすきの玉串」を奉ることから,すすき祭りともいう。26日午後に浅間神社の神が諏訪神社に移され,夕刻に諏訪神社から神輿と富士山をかたどった赤色の御影(みかげ。お山さん)が御旅所に渡御する。この際,神輿は勢子(せこ)と呼ばれる担ぎ手のうち年配者が静かに担ぎ,御影は若者が荒々しく担ぐ。御旅所では勢子と氏子たちにより高さ 3m,直径 90cmの大松明が路上に立てられ,次々と点火される。これは浅間神社の祭神であるコノハナノサクヤヒメ(木花開耶姫)の火中出産の故事にちなむともいわれている。27日は,神輿と御影が町内神輿とともに市内をめぐり,夜に還御となるが,境内の高天原(たかまのはら)のまわりを 5回または 7回めぐる神輿に対して安産や子宝祈願などとして「すすきの玉串」が捧げられる。神輿は高天原での神事のあと諏訪神社に還御し,次いで浅間神社の神が浅間神社本殿に移される。(→火祭

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

吉田の火祭りの関連キーワード富士吉田火祭りロードレース富士吉田(市)物忌み

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉田の火祭りの関連情報