摂社(読み)せっしゃ

百科事典マイペディアの解説

摂社【せっしゃ】

神社の社格の一つ。古くは所摂社とも。本社の境内外にわたってあり,多くは本社の祭神の妃神・御子神荒魂(あらみたま),また地主神など縁故の深い神をまつる。それ以下を末社(まっしゃ)という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

せっしゃ【摂社】

本社に付属し、その祭神と縁故の深い神をまつった神社。本社と末社との間に位する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せっ‐しゃ【摂社】

〘名〙 神社の格式の一つ。本社に付属し、その祭神と縁故の深い神をまつった神社。本社と末社との間に位し、本社の境内にあるものを境内摂社、境外にあるものを境外摂社という。
※日本書紀桃源抄(15C後)「神宮に祭る時は荒祭の宮と云は天照大神の別宮也。摂(セッ)社とも云ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の摂社の言及

【摂社・末社】より

…一神社内で本社に付属する小社のこと。古く〈所摂〉と記されている例もあるが,明治の制で伊勢神宮,また官国幣社において,本社に付属する関係深い社を摂社,それにつぐ小社を末社と称することと定めた。これは社格ではなく,本社祭神の后(きさき)神,御子(みこ)神をまつる社,本社旧跡に設けた社,本社祭神の荒御魂(あらみたま)をまつる社,地主神の社など関係深い社を摂社とし,それにつぐ社を末社とした。…

【客神∥客人神】より

…神社の主神に対して,ほぼ対等か,やや低い地位にあり,しかしまだ完全に従属はしていないという,あいまいな関係にある神格で,その土地に定着してから,比較的時間の浅い段階の状況を示している。ふつう神社の境内にまつられている境内社には,摂社(せつしや)と末社(まつしや)とがある。摂社には,主神と縁故関係が深い神がまつられており,末社は,主神に従属する小祠である場合が多い。…

※「摂社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

摂社の関連情報