コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉見[町] よしみ

百科事典マイペディアの解説

吉見[町]【よしみ】

埼玉県中部,比企(ひき)郡の町。東松山市の東隣を占める。米作とイチゴ栽培が主。吉見の百穴史跡),ヒカリゴケ発生地(天然記念物),松山城跡などがある。38.64km2

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よしみ【吉見[町]】

埼玉県中央部,比企郡の町。1972年町制。人口2万1371(1995)。荒川とその支流市ノ川に挟まれ,町域の東部は低地,西部は丘陵である。平野部では米作のほかとくにイチゴのハウス栽培が盛んで,〈埼玉ダナー〉の産地として知られる。食品,金属,精密機械などの工場も立地する。丘陵地では住宅地開発も行われている。吉見丘陵には吉見百穴(史)や戦国時代の松山城跡,吉見観音の名で知られる坂東三十三所11番札所の安楽寺がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

吉見[町]の関連キーワード百穴

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android