コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同じい オナジイ

デジタル大辞泉の解説

おなじ・い【同じい】

[形]《シク活用形容詞「おなじ」の口語化》
同じである。変わらない。等しい。
「異種諸民族間の貿易の起源と―・かった」〈柳田・山の人生〉
(「おなじく」の形で副詞的に用いて)同様に。等しく。「彼と―・く私も東京の生まれです」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おなじい【同じい】

( 形 )
〔シク活用の形容詞「おなじ」の口語化〕
同じである。同様である。 「大きさの-・い二つの三角形」 「今日も昨日と-・く雨だ」 「すると帰宅の途中と-・い雑念が湧き上つて留め度がない/何処へ 白鳥」 〔一般には形容動詞「同じ」が用いられる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

同じいの関連キーワード五種の穀物・五穀雪祭[新野]寛のたゆたに西田幾多郎尋ね出づ物忌まひシク活用あたりめ形容動詞見紛う後ろむ一般横座修行

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同じいの関連情報