コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同じ オナジ

8件 の用語解説(同じの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おな・じ【同じ】

[形シク]《「おなし」とも》形容動詞「おなじ」に同じ。体言に続くときには、連体形「おなじき」のほか、和文脈のものでは語幹「おなじ」がそのまま用いられることが多かった。
「あしひきの山は無くもが月見れば―・じき里を心隔てつ」〈・四〇七六〉
「―・じ程、それより下﨟の更衣たちは」〈・桐壺〉

おなじ【同じ】

《「おなし」とも》
[形動]《形容詞「おなじ」の形容動詞化》
別のものではなく、そのものであるさま。同一である。「同じ学校の卒業生」「行きと同じ船で帰る」
二つ以上のものの内容・状態などに区別がないさま。同様である。「収入と支出が同じだ」「やってもやらなくても同じことだ」
[補説]連体形に「おなじ」「おなじな」の二形がある。一般には「おなじ」の形が用いられるが、助詞「の」や「ので」「のに」などに続くときには「おなじな」の形が用いられる。「服装がおなじなので、見分けがつきにくい」
[副](多く「おなじ…なら」の形で)どうせ。どっちみち。「同じ買うなら安いほうがいい」
[用法]おなじ・ひとしい――「訪ねてきたのは昨日と同じ人だった」「彼のカバンは私のと同じだ」のように、人や物、あるいは種類・性質などに相違点がない場合には「同じ」を用い、「等しい」とはいわない。◇これに対して「児戯に等しい」「詐欺にも等しい行為」など、異質のものでも状態・様子が互いに非常によく似ているときに、「等しい」が用いられる。◇「同じ(等しい)圧力を加える」「AとBとは長さが同じ(等しい)」などのように、物理的・数量的に同一の場合には相通じて用いられるが、物理学・数学などでは多く「等しい」を使う。

おや・じ【同じ】

[形シク]《上代語》形容詞「おなじ」に同じ。
「橘(たちばな)は己が枝々生(な)れれども玉に貫(ぬ)く時―・じ緒に貫く」〈天智紀・歌謡〉

おんなじ【同じ】

《「おなじ」の撥音添加。「おんなし」とも》
[形動]おなじ」に同じ。「二人は体重が同じだ」
[副]おなじ」に同じ。「同じ勉強するなら、もっとしっかりやれ」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おなじ【同じ】

( 形シク )
〔「おなし」とも〕
形容動詞「おなじ」に同じ。 「あしひきの山は無くもが月見れば-・じき里を心隔てつ/万葉集 4076
形容動詞「おなじ」に同じ。 「貫之らがこの世に-・じく生まれて/古今 仮名序」 〔体言に続く場合は、「おなじ」「おなじき」の両形が使われ、和文系では前者が、漢文訓読系では後者が一般に用いられた〕

おなじ【同じ】

〔「おなし」 「おんなじ」とも〕
( 形動 ) [文] ナリ 
〔形容詞「おなじ」の語幹に「だ」(文語「なり」)が付いて形容動詞化したもの〕
同一である。別のものでない。 「二人は学校も-だし、学年も-だ」
性質・状態・程度などが共通している。差異がない。 「父親と-好みだ」 「兄と-に振る舞う」 「右に-」 〔連体形に「おなじ」「おなじな」の二形がある。そのうち、「おなじな」は準体助詞「の」、接続助詞「ので」「のに」に接続するときに用いられ、連体修飾語としては「おなじ」が用いられる〕
( 副 )
(「同じ…なら」の形で)同一のことをする以上は、の意を表す。どうせ。 「 -行くなら、まだ行ったことのない所がいい」

おやじ【同じ】

( 形シク )
〔上代語〕
形容詞「おなじ」に同じ。 「人言の繁きによりてまを薦ごもの-・じ枕は我はまかじやも/万葉集 3464」 〔 (1) 連体修飾語としては「おやじき」ではなく、「おやじ」の形が用いられた。 (2) 上代では「おやじ」と同義の語に「おなじ」があり、いずれが当時普通に用いられたか明らかでない〕

おんなじ【同じ】

〔形容動詞「おなじ」の撥音添加。「おんなし」とも〕
( 形動 )
形容動詞「おなじ」に同じ。 「あれと-物が欲しい」 「どっちの道を行っても時間は-だ」 〔連体形に「おんなじ」「おんなじな」の二形がある。そのうち、「おんなじな」は準体助詞「の」、接続助詞「ので」「のに」に接続する時に用いられ、連体修飾語としては「おんなじ」が用いられる〕
( 副 )
副詞「おなじ」に同じ。 「 -飲むなら気持ちよく飲もう」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

同じの関連情報