同じ(読み)オナジ

デジタル大辞泉「同じ」の解説

おなじ【同じ】

《「おなし」とも》
[形動]形容詞「おなじ」の形容動詞化》
別のものではなく、そのものであるさま。同一である。「同じ学校の卒業生」「行きと同じ船で帰る」
二つ以上のものの内容・状態などに区別がないさま。同様である。「収入と支出が同じだ」「やってもやらなくても同じことだ」
[補説]連体形に「おなじ」「おなじな」の二形がある。一般には「おなじ」の形が用いられるが、助詞「の」や「ので」「のに」などに続くときには「おなじな」の形が用いられる。「服装がおなじなので、見分けがつきにくい」
[副](多く「おなじ…なら」の形で)どうせ。どっちみち。「同じ買うなら安いほうがいい」
[用法]おなじ・ひとしい――「訪ねてきたのは昨日と同じ人だった」「彼のカバンは私のと同じだ」のように、人や物、あるいは種類・性質などに違点がない場合には「同じ」を用い、「等しい」とはいわない。◇これに対して「児戯に等しい」「詐欺にも等しい行為」など、異質のものでも状態・様子が互いに非常によく似ているときに、「等しい」が用いられる。◇「同じ(等しい)圧力を加える」「ABとは長さが同じ(等しい)」などのように、物理的・数量的に同一の場合には相通じて用いられるが、物理学・数学などでは多く「等しい」を使う。
[類語]等しい同一等価同等均等等し並み一律一様いちようイコール互角五分ごぶ伯仲五分五分おっつかっつ拮抗どっこいどっこいとんとん対等匹敵比肩伍する相半ばする肩を並べる勝るとも劣らない並び立つ負けず劣らずいずれ劣らぬ似たり寄ったり並ぶ団栗どんぐりせい比べ双璧そうへきちょぼちょぼ甲乙付け難い雁行一進一退鍔競つばぜり合い竜虎相搏あいう追いつ追われつ抜きつ抜かれつ競り合うせめぎ合う攻防一歩も引かぬ

おな・じ【同じ】

[形シク]《「おなし」とも》形容動詞「おなじ」に同じ。体言に続くときには、連体形「おなじき」のほか、和文脈のものでは語幹「おなじ」がそのまま用いられることが多かった。
「あしひきの山は無くもが月見れば―・じき里を心隔てつ」〈・四〇七六〉
「―・じ、それより下﨟の更衣たちは」〈桐壺
[類語]同様同然一緒等しい相等しいイコール一つ普遍共に一斉に同時おんな同じい同じく同一同等同数同格おっつかっつ等し並み軌を一にする選ぶ所がない

おんなじ【同じ】

《「おなじ」の撥音添加。「おんなし」とも》
[形動]おなじ」に同じ。「二人は体重同じだ」
[副]おなじ」に同じ。「同じ勉強するなら、もっとしっかりやれ」

おや・じ【同じ】

[形シク]上代語》形容詞「おなじ」に同じ。
たちばなが枝々れれどもく時―・じ緒に貫く」〈天智紀・歌謡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android