同等(読み)ドウトウ

デジタル大辞泉の解説

どう‐とう【同等】

[名・形動]
程度・等級などが同じであること。また、そのさま。「同等な(の)資格」「同等に扱う」
同値(どうち)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうとう【同等】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
等級・程度が同じである・こと(さま)。 「全員を-に扱う」
資格・技量が同じである・こと(さま)。 「 -の力を有する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どう‐とう【同等】

〘名〙
① (形動) 等級が同じであること。程度が同じであること。また、そのさま。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一三「我より上なる人、我より下なる人、及び我と同等なる人に向ひ」 〔礼記‐曲礼上〕
② 数学で、二つの命題が同一の内容を言い表わしていること。同値

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同等の関連情報