コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同治帝 どうちてい Tong-zhi-di; T`ung-chih-ti

4件 の用語解説(同治帝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同治帝
どうちてい
Tong-zhi-di; T`ung-chih-ti

[生]咸豊6(1856).3.23. 北京
[没]同治13(1875).12.5. 北京
中国,清朝の第 10代皇帝 (在位 1861~75) 。諱は載淳。諡は毅皇帝。廟号は穆宗。咸豊帝のただ1人の男子。生母は西太后。咸豊帝死後の内紛を経て5歳で即位。東太后,西太后が摂政,恭親王奕 訢 (えききん) が議政王として政治を左右。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どうちてい【同治帝 Tóng zhì dì】

1856‐75
中国,清朝第10代の皇帝。在位1861‐75年。名は載淳(さいじゆん)。廟号は穆宗(ぼくそう)。父は咸豊帝,母は西太后である。咸豊帝の没後,西太后はクーデタを起こして権力を掌握し,幼帝を擁して垂簾政治を行った。そして洋務派官僚の主導のもと,〈同治中興〉と称せられる相対的安定期を実現している。1873年(同治12),ようやく親政に入るが,まもなく19歳の若さで死没,子どもがなかったため,帝位を継いだのは,西太后の甥光緒帝(こうちよてい)であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どうちてい【同治帝】

1856~1875) 中国、清の第一〇代皇帝(在位1861~1875)。廟号、穆宗。その治世は同治中興と称されたが、実権は母であり摂政である西大后が握っていた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

同治帝
どうちてい
(1856―1875)

中国、清(しん)朝第10代の皇帝(在位1861~75)。名は載淳。諡(おくりな)は毅(き)皇帝。廟号(びょうごう)は穆宗(ぼくそう)。年号によって同治帝とよばれる。咸豊(かんぽう)帝の長子で、生母は葉赫納喇(イエヘナラ)氏(西太后(せいたいこう))。咸豊帝がイギリス・フランス連合軍の北京(ペキン)侵入のため熱河(ねっか)で病没すると5歳で即位したが、西太后は恭親王奕(きょうしんおうえききん)と手を結び、対外保守派の粛順(しゅくじゅん)を処刑して実権を握り、以後50年近く政治を左右した。太平天国軍、捻(ねん)軍の反清勢力をそれぞれ1864年、68年に漢人官僚の曽国藩(そうこくはん)や外国勢力の力を借りて鎮圧した。19歳で帝は親政したが、満州人にかわって台頭した曽国藩、李鴻章(りこうしょう)らの漢人官僚の力と、対外国協調政策とによって相対的に安定した時期で、「同治中興」と称される。漢人官僚を中心として西洋近代科学を吸収し富国強兵を図ろうとする洋務運動が展開され始め、軍事、造船工業、通信設備などが改革された。帝は天然痘で病没したとされるが、のちに対立した西太后の手にかかったともいう。[細谷良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同治帝の関連キーワード永璘溥儀嘉慶帝光緒帝朱元璋宣統帝道光帝雍正帝弩爾哈斉忽必烈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone