名臣言行録(読み)めいしんげんこうろく(英語表記)Ming-chen-yan-xing-lu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名臣言行録
めいしんげんこうろく
Ming-chen-yan-xing-lu

中国,の学者朱子とその弟子李幼武とが著わした伝記集。「前集」 10巻,「後集」 14巻 (以上朱子の著) ,「続集」8巻,「別集」 26巻,「外集」 17巻 (以上李幼武の著) から成る。北宋初期~南宋中期の著名人文集紀伝のなかから,世教に益するものを選び,その要を綴ったもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

名臣言行録【めいしんげんこうろく】

中国,宋代の治世・教訓書。前集10巻,後集14巻,続集8巻,別集26巻,外集17巻。前・後集は宋の朱熹著。続集以下は南宋の李幼武が補った。北宋8代,南宋4代の諸名臣の言行を,当時の文集や伝記中から集めたもの。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めいしんげんこうろく【名臣言行録 Míng chén yán xíng lù】

中国宋代の名臣とうたわれた人々の言行や逸話などを列伝風に記した書。朱熹(しゆき)(子)の著。〈五朝名臣言行録〉10巻(前集),〈三朝名臣言行録〉14巻(後集)の総称。前者は宋初より英宗朝に至る65人,後者は英宗朝から徽(き)宗朝に至る42人の伝記をそれぞれ収める。帝王学のテキストとして,また,あるべき臣下の手本として,中国のみならず朝鮮・日本でもよく読まれた。のちに李幼武がこの続編(続集・別集・外集)を著し,南宋の名臣の事跡を補った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

めいしんげんこうろく【名臣言行録】

中国、宋代の名臣の言行を集めた書。七五巻。宋の朱熹しゆき、李幼武編。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めいしんげんこうろく ‥ゲンカウロク【名臣言行録】

中国の伝記。七五巻。朱熹撰。「五朝名臣言行録」一〇巻、「三朝名臣言行録」一四巻と、朱熹にならって李幼武が撰した「皇朝名臣言行録」八巻、「四朝名臣言行録」上下二六巻、「皇朝道学名臣言行外録」一七巻の五書を合冊したもの。現行本では前集・後集・続集・別集・外集と称する。北宋・南宋の忠臣義人らの言行を著書や伝記から集録し、世の教えとしようとしたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名臣言行録の関連情報