コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名誉刑 メイヨケイ

4件 の用語解説(名誉刑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めいよ‐けい【名誉刑】

人の名誉にかかわる権利や資格を剥奪または停止することを内容とする刑。現行刑法は認めていない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

めいよけい【名誉刑 Ehrenstrafe[ドイツ]】

人の名誉を奪うことを内容とする刑罰。旧刑法が付加刑として規定していた剝奪公権停止公権はその例である(10条1,2号)。そこでいう公権としては例えば,官吏となる権利,勲章位等を有する権利,裁判所の証人となる権利などがあった。現行刑法はこのようなものを認めていないが,一定の刑に処せられたことの付随的な効果として,公民権に影響がある。例えば,禁錮以上の刑に処せられ,その執行を終わるまで,または執行を受けることがなくなるまでの者は,ひろく国家公務員または地方公務員に任命されえず,在職中これに該当することになった場合は失職する(国家公務員法38条,地方公務員法11条等)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

めいよけい【名誉刑】

人の名誉の剝奪を内容とする刑罰。公権の停止・剝奪などがこれに当たるが、現行刑法は認めていない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名誉刑
めいよけい

犯罪者に対する制裁として、その名誉を剥奪(はくだつ)することを内容とする刑罰。中世ヨーロッパでは、この意味での名誉刑として、「石運び」「犬運び」といった犯罪者に辱しめを与える刑罰が存在した。今日では、このような名誉刑はみられず、名誉刑とは「刑」(主刑または付加刑)として一定の資格を制限する場合をいう。各種の資格制限が、事実上犯罪者の名誉を害する効果を伴うからである。この意味の名誉刑は、諸外国および旧日本刑法にはその例があるが、現行刑法は認めていない。ただ、刑法以外の法令には、一定の刑に処せられた者に対する各種の資格制限条項がある。たとえば、一定の選挙犯罪に対し選挙権や被選挙権を停止するいわゆる「公民権停止」制度、一定の刑に処せられた者に対する職業禁止制度、などがそれである。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の名誉刑の言及

【刑罰】より

…現行刑法(1907公布)は,刑の種類をはるかに制限し,徒刑(とけい),流刑(いずれも,犯罪人を離島などの遠隔地に送致し,その地において有期または無期間滞在させる刑。徒刑は〈定役〉に服すが,流刑は〈定役〉に服さない)を認めず,また,剝奪公権,停止公権という名誉刑を廃止したのである。 現在の諸国で認められている刑罰の種類は,大別すると,生命刑,自由刑,財産刑,名誉刑に分けることができる。…

※「名誉刑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

名誉刑の関連キーワード財産刑自由刑御株を奪う心を奪う胆を奪う無償行為名誉心足を奪う誹毀目を奪う

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone