コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉建 くれけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉建
くれけん

[生]1883.10.27. 東京
[没]1940.6.27. 東京
内科学者。日本の統計学の創始者呉文聡の長男呉秀三の甥。 1907年,東京帝国大学医科大学卒業。心臓の臨床と心臓機能の研究で早くから有名で,ドイツとオーストリアに留学。 19年,東京大学助教授,九州大学教授を経て東京大学教授となり,呉内科を主宰。 31年に『脊髄副交感神経について』を出版,脊髄の後根に遠心性線維が多数含まれていることを明らかにして,それが脊髄にある神経細胞から出た副交感神経であることを示した。また,脊髄副交感神経の機能として,一般の血管には拡張的に作用するが,肺の血管には収縮的に作用するなど,独自の見解を示した。一方,随意筋の神経支配についても脳脊髄神経性のものと自律神経性のものがあることを主張。 31年,その意見を欧米各国で発表して反響と支持を得た。帰国後ますます研究に没頭したが,数年後,心臓病で急死した。余技の油絵も日展の常連であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

呉建 くれ-けん

1883-1940 大正-昭和時代前期の内科学者。
明治16年10月27日生まれ。呉文聡(ぶんそう)の長男。九州帝大教授をへて,大正14年母校東京帝大の教授となる。心電図などを導入して循環器病学の発展につくした。心臓の病態生理,脊髄副交感神経の研究で知られ,昭和14年学士院恩賜賞。絵画にもすぐれ,文展,帝展入選。昭和15年6月27日死去。58歳。東京出身。著作に「内科学書」(共著)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くれけん【呉建】

1883‐1940(明治16‐昭和15)
内科学者。広島県生れ。呉文聡の子。東大卒。欧州留学後1920年九州大学医学部教授を経て,25年東京大学医学部教授となり内科学第二講座を担当。自律神経系について研究し〈脊髄副交感神経に関する研究〉で39年学士院恩賜賞を得ている。進行性筋ジストロフィーについても新知見を述べ,さらに心電図,脈波の導入に力を入れるなど循環器病学の発展にも寄与した。その著《内科学書》(坂本恒雄と共著)はよく用いられた。ほかに《心臓病の診断及治療学》《呉文聡》などの著があり,文や絵にも秀でた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

呉建の関連キーワード恩賜賞受賞者孤蓬 万里孤蓬万里統計学

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

呉建の関連情報