コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉須手 ゴスデ

百科事典マイペディアの解説

呉須手【ごすで】

中国明時代後期〜末期にかけて,福建省【しょう】州窯で焼成された民窯の作品。素地に厚く白釉を施し,そこに濃厚な赤絵(五彩)文様を描く〈呉須赤絵〉,染付文様のみの〈呉須染付〉,または藍釉を総掛けした上に,白絵具の堆線で絵文様を表す〈餅花手(もちはなで)〉,褐釉を掛けた〈柿呉須(かきごす)〉と呼ばれる作風等が見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ごすで【呉須手】

中国の明代末期から清代初期に、中国南部の福建・広東地方あたりで焼かれた磁器。呉須染め付け・呉須赤絵・呉須青絵などの総称。奔放な趣の絵模様があり、素地きじは厚く粗雑。雑器であったが日本の茶人に愛好された。中国には、ほとんど遺物がない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

呉須手の関連キーワード呉須染め付け・呉須染付け呉須染付け五郎八茶碗雑器遺物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android