コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉須手 ゴスデ

3件 の用語解説(呉須手の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごす‐で【呉須手】

中国の江西・福建・広東(カントン)地方の民窯で明末から清初にかけて大量に焼かれた粗製の磁器。また、その様式。素地は厚ぼったく灰白色で、奔放な絵模様がある。呉須染め付け呉須赤絵呉須青絵などがあり、茶人・文人に愛好された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

呉須手【ごすで】

中国明時代後期〜末期にかけて,福建省【しょう】州窯で焼成された民窯の作品。素地に厚く白釉を施し,そこに濃厚な赤絵(五彩)文様を描く〈呉須赤絵〉,染付文様のみの〈呉須染付〉,または藍釉を総掛けした上に,白絵具の堆線で絵文様を表す〈餅花手(もちはなで)〉,褐釉を掛けた〈柿呉須(かきごす)〉と呼ばれる作風等が見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ごすで【呉須手】

中国の明代末期から清代初期に、中国南部の福建・広東地方あたりで焼かれた磁器。呉須染め付け・呉須赤絵・呉須青絵などの総称。奔放な趣の絵模様があり、素地きじは厚く粗雑。雑器であったが日本の茶人に愛好された。中国には、ほとんど遺物がない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呉須手の関連キーワード曹学佺陳賢福建省悪しい天川備後物麻沙本建茗土楼福建土楼

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone