コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和束町 わづか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和束〔町〕
わづか

京都府南部の町。木津川の支流和束川の流域を占める。 1954年西和束 (にしわづか) ,中和束,東和束の3村が合体して町制。 56年湯舟村を編入。谷底の平野部は水田であるが,斜面には広く茶園が開かれ,茶の生産量は京都府最大級。主として煎茶を生産。最上流域の湯船では林業も重要。北部の鷲峰山 (じゅうぶさん) の山頂には修験道の霊場として知られる金胎 (こんたい) 寺があり,町の中央部の園 (その) に鎮座している天満宮には重要文化財が所蔵される。面積 64.93km2。人口 3956(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和束町の関連情報