下島(読み)しもしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下島
しもしま

熊本県南西部,天草諸島のうち南西部にある最も大きな島。通称天草下島天草市に属する。面積約 574km2。北東の天草瀬戸大橋で上島と結ぶ。西は天草灘,東は御所浦島,長島などを経て八代海に臨む。最高点は角山(526m)で,200~500mの丘陵,山地が大部分を占め,南半部はリアス海岸で屈曲が著しい。農業漁業を主とし,農業では温暖な気候による花卉,野菜の露地栽培,漁業では湾内の真珠養殖が特に目立つ。大江,崎津天主堂,富岡,天草牛深海域公園地区と獅子吼岬など景勝地が多く,雲仙天草国立公園の中心の一つとなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の下島の言及

【天草下島】より

…熊本県西部,天草諸島中最大の島。下島ともいう。面積約571km2。…

※「下島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下島の関連情報