コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売文社 ばいぶんしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

売文社
ばいぶんしゃ

1910年に堺利彦大杉栄荒畑寒村高畠素之らとともに始めた文筆事業。新聞雑誌の原稿書き,広告文の作成,翻訳などを引受けて収入を得ようとしたもの。当時,社会主義運動は大逆事件の影響を受けて自由な活動をまったく奪われており,赤旗事件の刑から出獄した堺が糊口をしのぐために考案したもので,16年に山川均を加え合名会社となった。同年には社会主義雑誌『新社会』を発刊。その後高畠の転向もあって,19年2月解散し,堺,山川は新たに『社会主義研究』を発行することとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ばいぶん‐しゃ【売文社】

明治43年(1910)大逆事件後の社会主義者たちの生活を守り、運動を持続するために、堺利彦が創立した代筆業の会社。大正8年(1919)解散。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

売文社【ばいぶんしゃ】

1910年堺利彦が創立した文筆事業結社。同年9月出獄した堺が,大逆事件検挙・弾圧された同志らの生活費獲得を目的に,大杉栄荒畑寒村らとともに新聞雑誌の執筆代作を行ったもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばいぶんしゃ【売文社】

堺利彦設立の代筆業兼出版社。堺は1910年赤旗事件の刑期を終えて出獄した際,大逆事件の弾圧下で生活難にあえぐ社会主義者たちを支えるために売文社を創立した。彼は雌伏の時期にここにたてこもり〈文を売って口を糊するにまた何のはばかるところあらん〉と広告して,幸徳秋水亡きのち社会主義運動の中心的役割をめざした。当初は原稿製作,翻訳,諸文章の代筆を主とし,のち雑誌書籍の出版を兼ねた。大杉栄,荒畑寒村,岡野辰之助,高畠素之らが仕事をし,東京市内に居を転々としながら繁盛した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ばいぶんしゃ【売文社】

堺利彦が大逆事件後の社会主義者たちの生活を守り、運動を持続するために設立した代筆屋兼出版社。1910年(明治43)東京で開業。翻訳・代筆などを行う一方、雑誌「へちまの花」(のち「新社会」と改題)を発刊。19年解散。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

売文社
ばいぶんしゃ

堺利彦(さかいとしひこ)が大逆(たいぎゃく)事件後の「冬の時代」下、逼塞(ひっそく)した社会主義者を糾合し、生活を保持するとともに運動の火種を守り再建の拠点とした一種の代筆屋。1910年(明治43)12月末に東京・四谷(よつや)に開業、翻訳から卒業論文の代作、祝辞、広告文、手紙の代筆まであらゆる売文を業とし、身の上相談のはしりといわれる浮世顧問の看板を掲げ、有楽(ゆうらく)町に進出するほど繁盛した。大杉栄(さかえ)、荒畑寒村(かんそん)、高畠素之(たかばたけもとゆき)、山川均(ひとし)らを社員とし、特約執筆家として上司小剣(かみつかさしょうけん)や土岐善麿(ときぜんまろ)、江渡狄嶺(えとてきれい)らを擁した。14年(大正3)1月営業案内を兼ねて『へちまの花』を創刊、軽妙ながら風刺のきいた文章を載せて時機をうかがい、15年9月『新社会』と改題、社会主義運動の「小さき旗上げ」を行う。欧米の運動の紹介や社会主義思想の啓蒙(けいもう)的普及に努めるが、国家社会主義に近づいた高畠、遠藤友四郎らが堺らと対立、19年3月社を解散する。名義は高畠が引き継いだが、まもなく自然消滅した。[荻野富士夫]
『荻野富士夫「〈冬の時代〉前半の堺利彦」(『日本歴史』360号所収・1978年5月・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

売文社の関連キーワード久板 卯之助遠藤 友四郎小口 みち子遠藤友四郎川崎 悦行へちまの花和田久太郎松本 淳三高畠 素之田島 梅子栗田 確也池田 永治近藤 憲二尾崎 士郎山田 嘉吉橋浦 時雄久板卯之助吉川 守圀添田さつき山川 均

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

売文社の関連情報