コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田豊治 わだとよじ

4件 の用語解説(和田豊治の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和田豊治
わだとよじ

[生]文久1(1861).11.18. 大分,中津
[没]1924.3.4. 東京
実業家。中津藩の儒者の家に生まれ,初め医師を志したが,慶應義塾に入り福沢諭吉の教えを受けた。卒業後アメリカに渡り,サンフランシスコの甲斐商店で実務のかたわら苦学。 1891年帰国,中上川彦次郎の紹介で三井財閥に入り日本郵船に勤めたが,1893年鐘淵紡績支配人となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田豊治 わだ-とよじ

1861-1924 明治-大正時代の実業家。
文久元年11月18日生まれ。アメリカ留学後,日本郵船に入社。のち三井銀行,鐘淵(かねがふち)紡績などに勤務。明治34年経営不振の富士紡績に専務としてはいり同社を再建。大正5年合併で社名変更後の富士瓦斯(ガス)紡績社長となった。貴族院議員。大正13年3月4日死去。64歳。豊前(ぶぜん)中津(大分県)出身。慶応義塾卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

和田豊治

没年:大正13.3.4(1924)
生年:文久1.11.18(1861.12.19)
明治大正期の実業家。豊前国下毛郡(大分県)中津町生まれ。中津藩士和田薫六と幸の長男。慶応義塾卒。明治18(1885)年に渡米し日本雑貨を扱う甲斐商店サンフランシスコ支店などに勤務。24年帰国後,日本郵船を経て25年三井銀行に入り,26年同行傘下の鐘淵紡績会社東京本店支配人に就任したが,旧友の同社兵庫支店支配人武藤山治との確執により33年鐘紡支配人を退き,外国出張後三井家も辞職。34年1月日比谷平左衛門らの懇請により,苦境にあった富士紡績に転じた。35年度上半期に赤字を解消。39年には富士紡績と東京瓦斯紡績の合併により富士瓦斯紡績が成立,同社を全国有数の紡績企業に育てた。大正5(1916)年同社の社長に就任し終生その地位にあったのみならず,紡績業界の指導者のひとりとなった。 日露戦後からは豊国銀行,九州水力電気,京王電気軌道,中日実業,日本郵船,東洋製鉄,白木屋呉服店,日華紡織など多数の企業の創立・運営・整理にかかわるようになり,第1次大戦期ごろからは米価調節調査会,経済調査会,臨時国民経済調査会,臨時産業調査会,帝都復興審議会の各委員,日本工業倶楽部専務理事,日本経済聯盟会常務理事などを歴任し,渋沢栄一に続く「財界世話役」として重要な役割を果たした。11年貴族院議員に勅撰。関東大震災後,富士瓦斯紡績の復旧に尽力するなかで健康を損ね胃癌のため死去。大正7年の一部と同10年から11年春ごろまでをカバーする日記の記載は詳細であり,超人的な活動を生き生きと伝える。<参考文献>喜多貞吉編『和田豊治伝』,小風秀雅他編『和田豊治日記』

(阿部武司)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和田豊治
わだとよじ
(1861―1924)

実業家で代表的な紡績人。豊前(ぶぜん)国(大分県)中津藩の下級武士の家に生まれる。慶応義塾卒業後、1885年(明治18)武藤山治(さんじ)とともに渡米。1891年帰国、日本郵船神戸支店勤務を経て翌年、中上川(なかみがわ)彦次郎の紹介で三井銀行に入る。1893年、当時三井傘下の鐘淵(かねがふち)紡績(のちカネボウ)に転じ、本店支配人として活躍し、兵庫工場長であった武藤山治とはライバルの関係にあった。欧米視察より帰国後、1901年(明治34)富士紡績に迎えられ、専務取締役として不振の極にあった同社の再建に努力、1916年(大正5)合併後の富士瓦斯(ガス)紡績初代社長となる。没するまで同社の最高経営者で、日本工業倶楽部(クラブ)の創立をはじめ、日本経済連盟などの産業諸団体で活躍した。鐘紡の武藤山治と並んで紡績業界の巨頭といわれた。[加藤幸三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和田豊治の関連キーワード広瀬青邨大分県宇佐市安心院町下毛三光〈村〉安藤黄楊三可児孝次郎亀井陸良黒野猪吉郎津田純一村上姑南山口半七

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone