コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唸り ウナリ

デジタル大辞泉の解説

うなり【×唸り】

うなること。また、それに似た声や音。「機械が唸りをあげる」
凧(たこ)につけて、風の力で鳴らすもの。また、その音。鯨のひげや籐(とう)を薄く削り弓形にしたものなどを糸に張る。
振動数のわずかに異なる二つの音波が干渉し合って、周期的に音が強くなったり弱くなったりして聞こえる現象。広義には波動、特に電磁波などの同様の現象にもいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

唸り【うなり】

振動数がわずかに異なる二つの音が同時に存在するとき,音波干渉のため音が周期的に強くなったり弱くなったりする現象。1秒間のうなりの数は,二つの音の振動数の差に等しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

うなり【唸り】

うなる音・声。 「モーターの-」 「 -を発する」
たこにつけて、音を出させる仕掛け。
〘物〙 振動数が少し異なる二音が重なるとき、干渉のため音の強弱が周期的に変わる現象。毎秒の唸りの回数は二音の振動数の差に等しい。音波以外の波動でもみられ、音波では楽器の調律、電波ではヘテロダイン方式などに利用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

唸りの関連キーワードスーパーヘテロダイン天草バラモン凧五島ばらもんモーター壱岐鬼凧津軽凧たことう機械ひげ弓形強弱調律毎秒広義花火

唸りの関連情報