コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唸り ウナリ

3件 の用語解説(唸りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うなり【×唸り】

うなること。また、それに似た声や音。「機械が唸りをあげる」
凧(たこ)につけて、風の力で鳴らすもの。また、その音。鯨のひげや籐(とう)を薄く削り弓形にしたものなどを糸に張る。
振動数のわずかに異なる二つの音波が干渉し合って、周期的に音が強くなったり弱くなったりして聞こえる現象。広義には波動、特に電磁波などの同様の現象にもいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

唸り【うなり】

振動数がわずかに異なる二つの音が同時に存在するとき,音波の干渉のため音が周期的に強くなったり弱くなったりする現象。1秒間のうなりの数は,二つの音の振動数の差に等しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

うなり【唸り】

うなる音・声。 「モーターの-」 「 -を発する」
たこにつけて、音を出させる仕掛け。
〘物〙 振動数が少し異なる二音が重なるとき、干渉のため音の強弱が周期的に変わる現象。毎秒の唸りの回数は二音の振動数の差に等しい。音波以外の波動でもみられ、音波では楽器の調律、電波ではヘテロダイン方式などに利用。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唸りの関連キーワード蛇の目海鰻虎鬚採録水紋作り声透通る似たりめ・く

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

唸りの関連情報