コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狭小 キョウショウ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐しょう〔ケフセウ〕【狭小】

[名・形動]狭くて小さいこと。また、そのさま。「狭小な国土」「度量の狭小な人」⇔広大
[派生]きょうしょうさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうしょう【狭小】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
狭くて小さい・こと(さま)。 ↔ 広大 「 -な土地」 「侯伯の家に比すれば-なり/花柳春話 純一郎
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

狭小の関連キーワードグリム(Hans Grimm)サンボアンガデルスル州マウンテンプロビンス州capsule bedオーシャンホームズイロコスノルテ州ダバオデルスル州ユニット工法住宅ホルネル症候群オープンハウスサザンレイテ州菟田野[町]嵌頓ヘルニアロンボク海峡大磯[町]大阪[府]気管支喘息バターン州ミディ運河ベトナム人

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狭小の関連情報