コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狭小 キョウショウ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐しょう〔ケフセウ〕【狭小】

[名・形動]狭くて小さいこと。また、そのさま。「狭小な国土」「度量の狭小な人」⇔広大
[派生]きょうしょうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうしょう【狭小】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
狭くて小さい・こと(さま)。 ⇔ 広大 「 -な土地」 「侯伯の家に比すれば-なり/花柳春話 純一郎
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

狭小の関連キーワードグリム(Hans Grimm)capsule bedマウンテンプロビンス州サンボアンガデルスル州頸部交感神経症候群オーシャンホームズユニット工法住宅イロコスノルテ州ダバオデルスル州ホルネル症候群オープンハウス金谷(千葉県)サザンレイテ州嵌頓ヘルニアロンボク海峡ギーラーン大阪[府]ミニ戸建て気管支喘息コシャリン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狭小の関連情報